ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS かぶの皮と葉と茎でガイパッキン

<<   作成日時 : 2010/10/29 02:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 22 / トラックバック 5 / コメント 2

 前から頻繁に告知させていただいていますが、来週からちょっと長い出張に出かけるので今晩から3週間強、夜中料理をお休みします。開設以来最長の休止期間、戻ってくる頃には誰ひとりとして見向きもしない寂れたブログになっていることは分かりきっていますし、出張に備えて冷蔵庫の整理をしているのでしょぼいメニューになっていたりするわけですが、とりあえず区切りということで今夜もひとり、夜中に料理します。

 舞台裏メニューのようなアジアンエスニック、ガイ・パッキンです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜でたっぷり2人前くらいのひとりぶん)
 かぶの皮…中サイズ4個ぶん(φ60mm×H45mmの4個ぶん、約100g)
 かぶの葉・茎(塩ゆでしたもの)…上記のかぶ2個分(生の状態でL約300mm、60g)
 鶏ひき肉(むね肉)…80g
 しょうが…2片ぶんくらいの1片(約25g)
 スライスきくらげ…乾燥状態で4g
 赤とうがらし…1本(約5cm)
 塩…小さじ0.2くらい
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 ガーリックパウダー…小さじ1
 ココナッツクリームパウダー…大さじ1(約9g)
 ココナッツミルクパウダーを溶くお湯…小さじ2.5
 炒め油…ピーナッツ油大さじ2

[合わせ調味料]
 ナンプラー…小さじ1
 うすくちしょうゆ…小さじ1
 味噌…小さじ1
 さとう…小さじ0.5
 泡盛…大さじ0.5

(作り方)

(1)蕪の皮は千切りにします。塩ゆでした葉と茎はしっかり水気を絞って5cmくらいの長さに切り分けます。生姜は3回に分けて入れるので、千切りにして3等分しておきます。きくらげはパッケージの説明に沿って戻します。赤唐辛子は2等分に切ってタネを抜き、ココナッツクリームパウダーを溶いて濃いめのココナッツミルクを作っておきます。合わせ調味料を混ぜてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで中火、生姜の1/3量と赤唐辛子、鶏ひき肉を入れて炒めます。ひき肉の色が変わったらカブの皮を入れ、強火と中火の中間くらいの火加減で透き通るまで炒め合わせます。

(3)カブの皮が透き通ったら2度目の生姜1/3量ときくらげ、カブの葉を入れます。ザッと炒め合わせたら塩・ブラックペッパー・ガーリックパウダーを振り、火力を強火に上げて再びザッと炒め合わせます。そこに合わせ調味料を投入し、更にザッと炒め合わせてナンプラーの香りが一段落したらココナッツミルクを混ぜ入れて完了。盛りつけてから最後の生姜1/3量を散らします。

画像


 材料のほとんどは週の前半、コイツを作ったときに発生している余りもの。カブの葉と茎なんかはまとめて塩ゆでして半分を冷凍しておいたものだったりします。週末のやっつけメニューや休日の適当メニューなど、レシピ化する気なんかさらさらない裏街道で消費されていくもの、というのが夜中料理的価値観における蕪の皮の位置づけだったりするのですが、以前、「捨てているのか? もったいない」というコメントをいただいてこんなのを掲載したこともあって、本日はのうのうと素材として掲載(笑)。ガーリックパウダーも普段の夜中料理では登場しないのですが、出張を控えてニンニクを買う根性がなかったので本日は堂々と使用(笑)。鶏(gai)と生姜(king)の炒めもの(pat)という意味のガイ・パッ・キン、本来は汗をかいて暑気を払う構成のタイ料理ですが、生姜たっぷりなのでこの時期に作ると体もほかほか、暖の取れるメニューです。どこから食べても鶏と生姜、パンチ力のある味つけをしっかり受け止めるかぶの皮のひなびた風味がかなりいい感じです。

 消費しきれていない昨晩の大学イモを、今晩もちまちまと消費。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ということで、行ってきます。


 戻ってきても冷蔵庫はカラッポですが。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かぶの皮と葉と茎と牛肉の和風炒め
 忘年会が入ったり年末年始の休みを控えて冷蔵庫の中身と相談し始めたりする必要があったりして、とりあえず師が走ると呼ばれる月のあわただしさは発生していたりしますが、それを除けば基本的に毎晩夜中に帰宅している身にとって、単に帰宅時間の気温が低いだけであわただしさレベルはさほど変わらなかったりします。それはきっとクリスマスがヒマだからだという天の声には全力で耳をふさいで今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/12/10 01:17
青梗菜のガイパッキン
 分かりやすい寒の戻りが日本列島を襲った昨今、世間では卒業式とやらがいっぱい行われる時期に突入していたりするわけで、そういえば通勤時間の高校生の数が少し減ったかなという気がしたりするわけです。卒業式なんてはるか昔、残っているのはいつ終わるとも知れないおひとりさま生活の卒業といつ終わってもおかしくない人生の卒業くらいじゃないかと遠い目をして今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/03/02 01:30
かぶの皮と葉のきんぴら
 既に日付は変わっていますが3月3日は桃の節句、とはいえ兄弟も男しかいない夜中料理野郎としてはクリスマスやバレンタイン以上に縁遠いひな祭りだったりします。雛人形や飾りものを早く片付けないと女性は婚期を逃すと言いますが、じゃあ男の場合は何を早く片付ければいいんだまさか冬物の衣料ではないだろうと寒の戻りにうめき声を上げながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/03/04 01:10
ゴーヤーのガイパッキン
 世間では甲子園で球児たちが頑張っているかと思えばあっちこっちで豪雨が降ったり雷で電車が止まったりする何だかせわしない休日、しかし世間ズレならぬ世間からズレている夜中料理野郎の場合、夏期休暇前に使い切るべき食材のことでアタマいっぱいのまったり休日だったりします。高校球児が夜中に料理するダメな大人に育たないことを祈りつつ今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/08/08 01:10
蕪の皮と茎と豚肉のさっとエスニック炒め
 ひさびさに経験する日本の晩秋ですが、気候の違いなのか建物の構造なのか気分の問題なのか、上海ほど気温に対して底冷え感はなかったりします。とはいえ、いくらココロが温かくても物理的な寒さに耐えられるわけなど当然ないわけで、先日ユニク○で冬の通勤用上着を調達してきた夜中料理野郎です。更なる夢はドアを開けると温かい食事が待っていることですとひとりごとを口にして今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2016/11/22 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
早く帰ってきてください。見る楽しみが一つ減ってさびしいですよ。
かな
2010/11/21 12:59
かなさんこんばんは、コメントありがとうございます。

どうにか帰ってきました。といっても来春くらいまではこんな更新ペースかもしれないと不安に思っていたりしますが。

ダメ人間のダメっぷりを披露しているだけなので、休むのもダメさ加減の…いやそれはダメなんですよね(笑)。
Zuki
2010/11/22 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

かぶの皮と葉と茎でガイパッキン ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる