ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 小松菜のシンプル炒め・食べるラー油バージョン

<<   作成日時 : 2010/09/30 01:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

 出張から帰ってきました。でも人事異動の時期ということもあり、明晩の夜中料理は微妙だったりします。ノー炊飯器野郎に現時点で引っ越すような異動はないだろうと思ってはいるのですが、出向だとか一時レンタルといった都合のいい言葉がこの世に存在している以上たぶんまったく油断できないと久々の料理にだらだらとした緊張感を漂わせながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 シンプル中華、初の「食べるラー油」を使って。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2人前くらいのひとりぶん)
 小松菜…1/2把(L約300mmが4株、計約140g)
 しょうが…1片(約10g)
 塩…少々(小さじ0.1未満)
 あらびきブラックペッパー…少々(気持ち程度)
 鶏がらスープの素(顆粒)…小さじ0.75
 食べるラー油…好きなだけ
 炒め油…サラダ油小さじ2

(作り方)

(1)小松菜は根元を切り落として4cm〜5cm長さに切り、だいたいでいいので茎と葉を分けておきます。しょうがは千切り、鶏がらスープの素は味つけしやすいよう軽く砕きます。他の調味料も手元に用意してスタンバイ。

(2)といっても後は電車道、全開の強火で煙が出るんじゃないのと思うほど熱した深めのフライパンにサラダ油、小松菜の茎の部分と生姜を同時に入れて炒め始め、生姜の香りが出始めたら葉の方も投入。葉っぱがしんなりしてきたら塩・ブラックペッパー・鶏がらスープの素をザッと炒め合わせて完了。盛りつけて、食べるラー油をごっそり乗せます。

画像


 今でこそ一般的になった、食べるラー油こと「食べラー」。私は今のようなムーブメントが来るはるか昔、出かけた先のちょっと小洒落た(笑)店で、かの「石垣島ラー油」を買って以後、ずっと疎遠でした。転勤を当たり前のように意識しなければならない身分なので、特殊な調味料でしか成立しなえないメニューは記録する対象にならないからだったりするのですが、最近は大手M社のものまで品薄、石垣島ラー油なんて店頭では絶対に見かけることのない「食べラー」ブーム。全国どこでもそれなりのものが手に入るのならアリかなと思って記録する本日です。本日はスーパーにたまに出没する店が「食べラー」も作り始めましたと出していたものがまずまずの味だったので採用。こういう調味料を生かすにはシンプルな調理、でも下味でしっかり支えるのがツボ。食べラーがカバーしていないだろう風味をしっかりつければ、ただのシンプル野菜炒めが本格中華に早変わり。

 これだけでは寂しいので、油揚げを焼きました。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 どーなるんだろう、人生。


 努力しなきゃどーにもならないことは身にしみていますが。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、食べるラー油、いつか食べてみたいです。
おばちゃん
2010/09/30 09:41
おばちゃんさんこんばんは、コメントありがとうございます。返事が遅れて済みません。

料理研究家のウー・ウェンさんはラー油は自作が基本だとか。私はやったことがありませんけど(笑)。
Zuki
2010/10/04 01:27

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

小松菜のシンプル炒め・食べるラー油バージョン ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる