ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 炒り玉子と豆腐のゴーヤーンブシー

<<   作成日時 : 2010/09/01 01:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 ウソで塗り固められたおひとりさま人生の裏街道をまっしぐらに蛇行する夜中料理野郎は、レシピそのままのパクリこそ(少なくとも意識的には)やっていませんが、ベースの構成、味つけ、ネーミング、時には文体といった変化球まで含めて、いろいろなものをパクっています。トリビュートとかリスペクトとかインスパイアという言い方もありますが質的にそんなレベルでないことを痛感しながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 パクリです。オリジナルの方、ご容赦ください。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:通常なら2人前弱くらいのひとりぶん)
 卵…M玉1個(約70g)
 ゴーヤー…1/2本(φ70mm×L210mmの1/2本、約120g)
 木綿豆腐…1/2丁(約200g)
 削りぶし…ミニパック0.5袋(1.5g)
 焼海苔…全形1/4枚
 鰹だしの素+お湯…だし汁120ml
 味噌(仙台系)…大さじ1.5
 さとう…大さじ0.5
 泡盛…大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…ゴーヤーの下ごしらえに塩小さじ0.5、熱湯750ml

[卵の下味]
 味噌(仙台系)…小さじ2
 さとう…大さじ0.5
 みりん…小さじ1
 日本酒…大さじ1

(作り方)

(1)豆腐は重石をして水切りしておきます。ゴーヤーはタテ2等分にしてタネとワタを取り、2mm〜3mm厚みくらいの半月切りにしたらボウルに入れて分量外の塩をもみこみ、5分くらい置いたら分量外の熱湯で20秒くらいサッとゆでてザルに取り、水気を切っておきます。焼海苔は細かくちぎり、味噌・砂糖・泡盛はあらかじめ混ぜておきます。小鍋に卵の下味の調味料を入れてしっかり混ぜ、卵を割り入れて再びしっかり混ぜたらスタンバイ。

(2)卵と調味料の入った小鍋を中火にかけます。束ねた菜箸か泡立て器を使い、そぼろの要領で最初はのんびり、卵が固まりだしたら手早く混ぜながら好みのしっとり感になったところで取り出します。

(3)深めのフライパンにサラダ油で強火、ゴーヤーを炒めます。ザッと油が回ったら中火、中央にスペースを作って豆腐を塊のまま入れ、切るような感じで崩しながら炒めます。豆腐が温まったら混ぜておいた調味料を投入、激しい蒸発が軽く落ち着いたところにだし汁を入れてそこからは強火、ガーッと煮詰めたらつゆだくくらいの状態で完了。ゴーヤーと豆腐を盛りつけてから卵をトッピングし、海苔と削り節をあしらいます。

画像


 お待たせしました。本日は「ふつつかなお弁当」のユキコフスキーさんが8月20日の記事で作ったゴーヤの味噌炒め煮弁当(沖縄・・風??)を盛大にパクっています(笑)。ゴーヤーの食感を残したいチャンプルーでは豚肉のパンチ力などが欲しくなりますが、やわらかく煮えてOKのンブシーにこの材料構成なら、やさしい味に仕上げられるんじゃないかという大きなヒントをいただいて成立している本日。味のツボは別路線で作る炒りたまご、本来は「たまご味噌」「味噌たまご」などと呼ばれる独立したおかずで、濃いめの味に作ってごはんにそのまま乗せたり、おむすびの具にしたりするものです。本日はゴーヤーと豆腐にも味がついているのでひかえめな味つけ。沖縄風の炒めものに削り節は鉄板ですが、炒りたまごには海苔も鉄板というのが個人的な感覚。

 パクリも何もないド定番、はんぺんのバター焼きを合わせます。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 パクリです。済みません。


 ふつつかなトリビュートとか言うのはなしですか。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁぁ、あの適当料理がすごく素敵でおいしそうな料理になっている・・!カンゲキです!!
ゴーヤを茹でたり、味噌味の炒り卵を別で作っていたりと・・諸所の工程、勉強になります。さすがです〜!

元はといえば私がZukiさんのレシピを参考にして作ったものなので、これなんていうんですかね、セルフカバー的なものに近いのでしょうか・・

パクりなんてとんでもないし、トリビュートだなんてもったいないお言葉ですっ!
どちらかというと劇的ビフォーアフターですかね笑
ユキコフスキー
2010/09/01 11:17
ユキコフスキーさんこんばんは、コメントありがとうございます。返事が遅くなって申し訳ありません。卵だからできる優しい仕立て、肉ありきで考えていた私には思いつかない構成でした。いいヒント、感謝しています。

手間ひまを加える方向の工夫は、根性と時間があればできます。手間ひまを変えない、または簡単にしているのにおいしさの本質や見映えを損なわないようにするにはセンスが必要です。私が好日弁当日記。さんやizumimirunさんを尊敬しているのはまさにそれ。

また、参考にさせてくださいね。
Zuki
2010/09/03 02:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

炒り玉子と豆腐のゴーヤーンブシー ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる