ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 切干大根と豚肉の黒酢&生姜炒め

<<   作成日時 : 2010/08/03 01:23   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 さすがに8月に入るとダメダメな夜中料理野郎にも何となく夏休みの予定らしきものが見えてきたりするわけで、というかヒマな休みに何をするかというのが休みの長さだけ見つかりそうだというマリアナ海溝の底くらい低いレベルの夏休みに、光すら射さない深海のような人生を思うわけです。それでも休みは休み、たるみきった日々の前にもうひと頑張りするために今夜もひとり、夜中に料理します。

 切干大根と豚肉、生姜と黒酢でさっぱりだけどスタミナを。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜としてがっつり2人前のひとりぶん)
 切干大根…乾燥状態で約30g
 豚切り落とし肉…120g
 干ししいたけ…大きめ1枚(φ約70mm、乾燥状態で約3g)
 グリンピース…見映え(本日は大さじ1.5、約25g)
 おろししょうが…大さじ0.5
 干ししいたけの戻し汁…大さじ0.5
 しょうゆ…大さじ2
 さとう…大さじ1
 みりん…大さじ1
 日本酒…大さじ1
 黒酢…大さじ1.5
 ラー油…好きなだけ
 炒め油…サラダ油大さじ1+追加でごま油大さじ0.5

[肉の下味]
 しょうゆ…小さじ2
 みりん…小さじ1
 日本酒…小さじ4
 おろししょうが…小さじ1

(作り方)

(1)切干大根はパッケージの表示に従って戻し、ギュッと絞ったらていねいにほぐします。長すぎる場合は適当な長さに切ります。豚肉は食べやすい大きさに切り、下味の材料をもみこんでおきます。戻した干し椎茸は1mmかそれより薄いスライス。おろし生姜・椎茸の戻し汁・醤油・砂糖・みりん・日本酒はあらかじめ混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、豚肉を下味の調味料ごと入れて炒めます。肉の色がしっかり変わったら、汁ごとひとまず取り出します。

(3)そのままのフライパンにゴマ油を追加して強めの中火、切干&椎茸を炒めます。焦げつかないよう休まずに混ぜながら、それでも薄く焼き色がつく程度まで炒めたら混ぜておいた調味料をザッと入れ、均一になじむよう炒め合わせます。

(4)汁気が少なくなってきたところで肉を戻して強火、均一になるよう混ぜながら、軽く汁気が残るくらいまで炒めます。最後に黒酢を入れてザッと炒め合わせたら、つゆだく気味くらいのところで完了。グリンピースを混ぜ込んで盛りつけ、好みでラー油を振ります。

画像


 形態としては切干大根の炒め煮ですが、柔らかくなるまで煮含めるのではなく、ぽりぽり・しょりしょり・こりこりした食感を残した炒めものです。実のところパッケージの表示に従って戻しても大根の質で硬さはまちまちなので、たまにかじってみて好みの硬さになるまで戻します。味つけの作法は生姜焼き、まとめて味つけすると肉に味が入りにくいので、単独で下味をつけて先に焼いてしまうのがポイント。別々に味つけするので大根には砂糖を使ってコクを入れ、最後に黒酢でさっぱり・ラー油でピリリと仕上げる本日です。黒酢を入れたら炒めすぎないように。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 のんびり夏休み、いいじゃないかそれで。


 ものは言いようだと強引に納得するノー炊飯器ライフ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

切干大根と豚肉の黒酢&生姜炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる