ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 豚バラのと春野菜のタッカルビ風

<<   作成日時 : 2010/04/19 01:52   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 春というのは冬と夏の間の季節ではありますが、実際に冬と初夏の気温が行ったり来たりするような春がマトモな春なのかというと、夜中に料理する生活と同じくらい本来の定義からかけ離れていたりするわけです。野菜だって価格はともかく思わず手にとってカゴに入れてしまうような状況に出会いにくくなり、人生が乱高下だとイケてる出会いも減るのだと何かに置き換えた屁理屈で今夜もひとり、夜中に料理します。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識で考えればがっつり二人前のひとりぶん)
 豚バラ薄切り肉…約120g
 春キャベツ…標準サイズ1/8個くらい(約110g)
 新たまねぎ…標準サイズ3/8個(約90g)
 にら…1/2把(13株、約55g)
 もやし…2/5袋(約100g)
 えのき…2/5パック(約80g)
 松の実…大さじ1(約10g)
 炒め油…ゴマ油大さじ1

[合わせ調味料]
 コチュジャン…大さじ1.5
 日本酒…大さじ1.5
 しょうゆ…大さじ1.5
 はちみつ…小さじ2
 ごま油…小さじ1
 韓国産粉とうがらし…小さじ2
 おろししょうが…小さじ1
 おろしにんにく…小さじ0.5
 おろし玉ねぎ…1/8個ぶん

(作り方)

(1)合わせ調味料の材料を全部混ぜておきます。豚バラを3cm〜4cm長さくらいに切り、大さじ1.5くらいの合わせ調味料を使ってあらかじめ味をよくもみこんでおきます。

(2)キャベツは4〜5cm幅くらいのざく切りにします。新タマは2mm〜3mm幅のスライスにし、ニラは5cmくらいに切ります。えのきの石突を落として適当にばらしたらスタンバイ。

(3)フライパンに中火でゴマ油、豚肉を炒めます。色が変わったらグッと弱火、肉を一ヶ所にかためないように並べたら野菜類を全部入れ、表面が平らになるよう整えてから残りの合わせ調味料を上からかけ、そこからは野菜から水分が出てくるのを待ちます。

(4)10分後にはけっこう野菜の水分が出ているので、均一に火が通るよう上下を返します。そこから5分後(合計15分後)には全体がしんなりしてくるので、中火にして混ぜながら火の通りや味のつき方のムラをある程度解消したら松の実を混ぜ込んで完了。つゆだく上等で盛りつけ、ゴマを振ります。

画像


 火が通るほどに山盛りの野菜の体積がガンガン減っていき、うまみが引き出されるタッカルビを豚肉で作った本日です。かなりつゆだくに仕上がるのは本来、トッポギ(韓国の細長い餅)を入れるからなのですが、会心のレシピに仕上がっているので、あまり変えたくないんです(笑)。基本はこちら、キャベツが減ってエノキやモヤシでボリュームを稼ぐのは昨今の天候不順の影響だったりします(笑)。わずかに甘みが不足するぶんだけ、砂糖を蜂蜜に置き換えて補強。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 自分がマトモじゃないのに、野菜にはマトモを求めるのか。


 おお久々だなアナザー自分、だって人生は前から不順なんでね。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

豚バラのと春野菜のタッカルビ風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる