ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャーマンポテトの材料で肉じゃが

<<   作成日時 : 2010/03/09 00:59   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 スピードと効率に偏重してきた現代社会へのアンチテーゼとしてスローライフとかスローフードとかが改めて価値を産んでいる昨今だというのに、ここ数日は変わりやすいお天気と乱高下する気温、大自然が三寒四温を3倍速くらいで早回ししているんじゃないかと思ったりします。とはいえそろそろ年度末、季節の移り変わりをゆっくり味わう余裕などハナから持っていないノー炊飯器野郎が今夜もひとり、夜中に料理します。

 ジャーマンポテトの材料を肉じゃがにします。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:料理本なら二人前と記述されるだろうひとりぶん)
 じゃがいも…LLサイズ2個(約300g)
 厚切りベーコン…約120g
 たまねぎ…LLサイズ1/2個(約165g)
 にんにく…中サイズ1粒(約8g)
 イタリアンパセリ…見映え
 うすくちしょうゆ…小さじ3.5
 さとう…大さじ1
 白ワイン…大さじ1
 ブイヨンキューブ+お湯…ブイヨン300ml相当分
 バター…20g
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…オリーブオイル大さじ1
 ほか分量外…ジャガイモをさらす水が適宜

(作り方)

(1)ジャガイモは皮をむいて食べやすいサイズに切り、5分ほど水にさらしてからザルで水気を切っておきます。ベーコンは3cm×4cmくらいに切り分けます。タマネギは繊維と平行に1.5mm厚みくらいのスライス、ニンニクは繊維と直角に1mm厚みくらいのスライス。イタリアンパセリを粗みじん切りにしてスタンバイ。

(2)鍋にオリーブオイルで弱火、まずニンニクを温め、いい感じのきつね色になったら取り出します。火力を中火に上げてタマネギを炒め、6割方透き通ったらベーコンも入れて炒めます。タマネギがすっかり透き通ったところでジャガイモをゴロゴロと入れ、油が回るようにザッと炒め合わせたらブイヨン・白ワイン・砂糖を投入します。

(3)沸騰するまでは強火、沸騰したらアクを取って中火にし、落としぶたをして煮ます。3分経ったら味見をしながら薄口醤油を入れて更に10分〜12分、落としぶたのままジャガイモに竹串がスッと通るまで煮詰めたら最後にバターを溶かし込んで完了。盛りつけてブラックペッパーを振り、取り出しておいたニンニクとイタリアンパセリをあしらいます。

画像


 ジャーマンポテトは洋風の炒めもの、肉じゃがは和風の煮物。でも最近は醤油を使わない塩肉じゃがとか、和風を取り入れた味つけで炒めるGBSポテトなど、ボーダーレスなものもポピュラーになりつつあるわけで、夜中料理もそれに乗ってみましたという本日です。具の種類が少ないポトフになってしまわないよう心がけてはみたものの、醤油と砂糖で味つけするといわゆる洋風肉じゃがの域を出ないことを痛感します(笑)。裏を返せば安心できる味。そろそろ新じゃがの季節ですが、懲りずにお気に入りのジャガイモ「とうや」を使っています。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 こんな料理にも、大きな利点がひとつあります。


 同じ材料でジャーマンポテトが作れ…オチじゃないよ、そんなの。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ジャーマンポテトの材料で肉じゃが ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる