ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 麻婆春雨

<<   作成日時 : 2010/03/12 01:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 お天気が回復してまあ気持ちよいことと思った途端に天気予報では紫外線にご注意などと、お日様を拝めるのは朝の通勤時くらいしかないノー炊飯器野郎にとってはプラシーボ効果に毛がはえた程度の影響しかないものをテレビでは大げさに報道していたりします。しかし実際はお日様を拝めない以上にお天道様に顔向けできない身分であることを思い出し、紫外線ではなく年齢で衰えたお肌を感じながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 春よ来い来い、春雨です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:世間ではたぶん二人前と呼ぶひとりぶん)
 緑豆春雨…乾燥状態で30g
 豚ひき肉…80g
 長ねぎ…約30g(φ15mm×L150mm)
 にんじん…中サイズ1/4本(約45g)
 しめじ…1/3株(約60g)
 細ネギ…5本(約15g)
 しょうが…500円玉くらいのスライス3枚(約12g)
 にんにく…中サイズ1片(約8g)
 豆板醤…大さじ0.5
 甜麺醤…大さじ1
 鶏がらスープの素+お湯…スープ120ml
 紹興酒(なければ日本酒)…大さじ1
 しょうゆ…大さじ1
 さとう…小さじ1
 花椒(パウダー)…好みで
 ラー油…好みで
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…春雨を戻す水が適宜

(作り方)

(1)春雨は水で30くらいかけて硬めに戻し、食べやすい長さに切ってザルで水気を切っておきます。ニンジンは幅約5mm×長さ3cm〜5cm、厚さ1mm未満の薄い短冊切りにします。シメジは石突を切り落として適当にばらします。細ネギは小口切り、長ネギとしょうがとニンニクはみじん切り。鶏がらスープ・紹興酒・醤油・砂糖は最初から混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で弱火、生姜とニンニクと長ねぎを温めます。しっかり香りが立ったところで火力を中火と弱火の中間くらいにしてひき肉を入れ、こねないよう注意深くほぐしながら炒めます。肉にすっかり火が通るとフライパンの中の液体成分が透き通ってくるので、ここで豆板醤と甜麺醤を入れます。

(3)全体がパラリとした感じになるまで炒め合わせたらニンジンを加え、1分くらい炒めたらそこからは強火。シメジを入れて味が均一になじむようザッと炒め合わせ、鶏がらスープと調味料の混合物を注ぎます。沸騰したら春雨を入れ、つゆだくの炒めものくらいの加減になるまで強火でガンガン煮詰めたら細ネギを混ぜ合わせて完了。盛りつけてラー油と花椒粉を振ります。

画像


 麻婆の本質は煮物で、ひき肉は本来、具ではなくダシとしての役目を期待されています。でもやっぱり具として楽しみたいよね、ということで本日は春雨少なめ肉多め、炸醤麺(ツァオジャンミェン、日本ではジャージャーメンなどと読みます)の具みたいにしてから他の具材を加えるガッツリ系。スープに溶け出した味を硬めに戻した春雨にたっぷり吸わせるのがおいしさの軸、麻婆豆腐のように激辛にしないのも大切なポイント。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 早春を楽しむには慌しすぎる毎日。


 食べる春雨にも風情が出せないノー炊飯器ライフ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

麻婆春雨 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる