ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS にんじんのバジル・バルサミコきんぴら

<<   作成日時 : 2010/03/01 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 朝っぱらから津波のニュースが大盛況、地球の裏側からほぼリアルタイムで届くオリンピックの中継映像と半日以上遅れて届く津波の情報が並んだテレビ画面を見ながら、地球が広いのか狭いのか解らなくなるノー炊飯器野郎です。しかし一介のサラリーマンの身としては、アッという間に過ぎていった2月を思う間もなく津波のように押し寄せる年度末になす術なく流される予感だけをかかえて今夜もひとり、夜中に料理します。

 非国民からちょっぴり歩み寄り、和洋折衷のきんぴらです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:小鉢なら3〜4鉢くらいのひとりぶん)
 にんじん…特大1/2本(φ55mm×H100mlの円錐形、約200g)
 バジル(ドライ)…小さじ1
 白ワイン…大さじ1
 うすくちしょうゆ…大さじ1.5
 さとう…大さじ1
 バルサミコ…大さじ1
 炒め油…オリーブオイル大さじ1

(作り方)

(1)ニンジンを千切りにしてスタンバイ。わぉシンプル。

(2)フライパンにオリーブオイルで中火、ニンジンを炒めます。しんなりしてきたら砂糖を振って白ワインを入れ、しっかりなじませてから薄口醤油を入れます。そこからは強火、汁気が飛んで普通のきんぴらなら終了間近という辺りでバジルを振り、バルサミコを加えたら汁気が少なくなるまで炒めて完了。盛りつけます。

画像


 途中までは和風のきんぴらと若干アイテムが違う程度ですが、最後に加える2つの材料で怒涛のように表情が変わります。また本日は細いけど歯ざわりは残ってる、って仕上げを狙ってニンジンをかなり細く切っており、火加減も形に合わせて軽めです。太めに切るときはしっかり炒めてOK。バルサミコは炒めすぎると酸味も風味も飛んでしまうので、最後の最後に入れて強火でササッと。やや和風の表情が強くなりますが濃口醤油でも可です。

 さすがにこれだけとはいかず、定番ちくわのチーズ揚げを。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 つまみのような夜中料理。


 津波のようにわびしくなるノー炊飯器ライフ。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Zukiさん。
もしかすると私と似てるかも?
普通に作っても美味しい物を、ちょっと違う事をしてしまう・・・違う?
私は大した料理出来ませんが、
おにぎりなんかで、その癖が出ちゃいます。
でも、このクセって、
新発見や大発明の基になると、
信じきっている私です。
ruemamy
2010/03/02 03:02
ruemamyさんこんばんは、コメントありがとうございます。

そうですねえ、私の場合はド定番ならレシピを記録するまでもないってのが前提にあって、何かひねろう、そういうものは忘れるからブログに残そうって感じです。そのときの気分で外したくなるって遊び心、きたえたいと思うんですけどね。
Zuki
2010/03/03 01:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

にんじんのバジル・バルサミコきんぴら ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる