ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 下仁田ネギでねぎまの煮物

<<   作成日時 : 2010/02/09 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 とんでもなく寒かった立春が過ぎたと思ったらグッと暖かくなり、とりあえず脳内だけは春気分、喉もと過ぎれば熱さではなく寒さも忘れるノー炊飯器野郎です。ふと周りを見ればマスクの人もちらほら、ああそうかもうそういう時期かとも思う一方で、実のところそれが花粉症対策なのかインフルエンザ対策なのかをまったく区別できていないことを正直に暴露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 実家バブルの下仁田ネギ、最後の1本はやはり和風の煮物。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:普通なら二人前で通用するひとりぶん)
 まぐろ切身…約230g
 下仁田ネギ…まあまあのサイズ1本(実効長径33mm×短径22mm×L150mm、約75g)
 長ネギ…1本(φ20mm×L440mm、約100g)
 油揚げ…1枚(W80mm×D150mm、約55g)
 卵…M玉1個(約65g)
 ほか分量外…油揚げの下ごしらえに熱湯500ml

[割下]
 だし昆布…8cm×6cm(約3g)
 水…60ml
 日本酒…40ml
 しょうゆ…60ml
 みりん…60ml
 さとう…小さじ4大さじ2

(作り方)

(1)鍋に割下の日本酒と水を入れ、だし昆布を浸しておきます。マグロは繊維に沿って4〜5mm幅のそぎ切りにし、大きなものは食べやすく切ります。下仁田ネギと長ネギは1mm幅くらいの薄い斜め切り。ザルに入れた油揚げに熱湯をかけて油抜きし、1cm幅に刻みます。水菜の根元を落として3等分の長さに切ります。調味料を用意する頃には昆布が刻めるくらいの状態に戻っているので、取り出して細く刻み、鍋に戻したらスタンバイ。

(2)鍋を中火にかけ、沸騰したら醤油とみりんと砂糖を入れます。再沸騰したらネギと油揚げを入れ、好みの煮え加減になるまで弱火で煮ます。マグロを投入してサッと火を通したら水菜を入れてしんなりしたあたりで完了。溶き卵をつけながらいただきます。

画像


 ネギとマグロでネギマの煮物。料理そのものより落語の演目の方が、もっといえば焼鳥の方が知名度が高かったりします。江戸っ子でいっ、て感じなので本日はこってり関東風すき焼きの味つけ。切って煮たらハイできあがりの速攻メニューです。唯一のポイントはマグロの切り方、繊維に沿って切ることでバラバラにならずに仕上がります。トロの方が煮汁の味は深くなりますが、同じ値段なら赤身でもワンランク上のマグロが具としての味は有利。本日は特売だったメバチの赤身を使っています。下仁田ネギ1本じゃ足りなかったので普通のネギを追加しているのはご愛嬌(笑)。

 なお本日は調理に使ったル・クルーゼをそのまま器として登場させています。せっかくのル・クルーゼを炊飯以外の用途にも使っているという証拠(笑)で出しましたが、性に合わないのでもうやらないと思います。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 花粉症の人には、もう春が来ているわけです。


 そんな春でも欲しいとは言いませんが春は欲しい。



●おわびとおしらせ

 2/9深夜、砂糖の分量が間違っていました。おわびして訂正します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ねぎまのユッケ
 左手を怪我して不自由だ何だと叫んでいると、テレビではオリンピックの直後に始まるパラリンピックのことが放映されていたりして、今更というかいつも通りというか、修行が足りないことを思い知らされているノー炊飯器野郎だったりします。痛みに耐えてよく頑張った感動したおめでとうなんて言われるよりよしよし痛いのに頑張ったねーと甘やかしてもらいたい、どっちも実現しない願望を暗闇につぶやいて今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/02/23 01:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、主人も作ってくれました。
同じです♪
ねぎまって、豚肉の串焼きしか知らなかった私。それで、作ってくれたのですが、美味しかったですぅ〜。
きっと、Zukiさんのも美味しかったろうなぁ。
1人で食べるのは勿体無いぞ!!
ruemamy
2010/02/09 22:43
ruemamyさんこんばんは、コメントありがとうございます。そういえば旦那さんは江戸っ子でしたね。

このブログは「ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。」ですから、炊飯器を持っていないこと、夜中に料理すること、ひとりの食事であることはブログの大前提になっているコンセプトです。つまり、ひとり暮らしを揶揄されるのはまったく問題ありませんが、ひとりの食事に対する批判はブログの根幹に対する批判ですか? と(笑)。

そうでないコメントであることくらい分かりきっているんですが、ブログの主旨を少しでもご理解いただけたらと。
Zuki
2010/02/12 01:39
ブログの根幹批判だなんて♪
いつでも、ブログ名は変更されても良いんですよぉ〜。
それでも、Zukiファンは付いて行きますから。(笑)
でも・・・・『ほっといて』って怒られるかと思ってたので、ホッとしました(礼)
ruemamy
2010/02/13 01:25
ruemamyさんこんにちは、コメントありがとうございます。

ブログ名がひとりごはんを指していますし、そもそも好きでひとりでいるわけじゃありませんから、「ひとりで食べるのはもったいない」ってのはダブルの意味で「それを言われると実も蓋もない」というキラーワードなんですよ(笑)。炊飯器くらい買えよ、っていうのと同じくらい(笑)。

おひとりさま脱出の努力を怠っているつもりはないので、まあ期待せずにしばらくこのブログ名でお楽しみください(笑)。
Zuki
2010/02/13 14:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

下仁田ネギでねぎまの煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる