ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶり大根

<<   作成日時 : 2010/01/12 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 5

 玄関の電気をつけた途端に電球が切れ、電球が切れる瞬間という珍しい場面に立ち会ってしまった夜中料理野郎です。交換用の電球を買いに出かければ世間は成人の日、家電量販店にはそろそろ春からひとり暮らしを始める人のためのディスプレイが始まりつつあります。自分が初々しかった頃など遠い昔、ちらついた蛍光灯のような気分で炊飯器コーナーを素通りして今夜もひとり、夜中に料理します。

 冬メニューのド定番、鰤大根です。圧力鍋を使わない正統派休日レシピ。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:通常なら二人前にカウントするひとりぶん)
 ブリのカマ…半身1切(約250g)
 大根…1/4本(φ70mm×L90mm、約380g)
 しょうが…500円玉くらいのスライス6枚(約13g)
 刻み柚子…心意気程度
 せり…見映え(本日は2本、約12g)
 煮汁用のお湯…500ml
 しょうゆ…大さじ3.5
 さとう…大さじ1.5
 みりん…大さじ2
 日本酒…大さじ2
 ほか分量外…大根を下ゆでする水1,200ml+米小さじ1&さらす水適宜、ぶりを霜降りする熱湯750ml+日本酒大さじ0.5&さらす冷水(できれば氷水)適宜

(作り方)

(1)大根は皮をむいて3cm厚みの輪切り、面取りして一方の断面に7mmくらいの隠し包丁を十字に入れます。ブリのカマはウロコをできる範囲で除去して2つに割り、よく水洗いしてスタンバイ。

(2)大根の下ゆでから。分量外の水と米を入れた鍋に大根を入れて点火、強火で沸騰させたら弱火にし、アクを取りながらゆでます。40分ゆでたら取り出し、分量外の冷水にさらしておきます。

(3)ブリの霜降り。ブリを穴あきオタマなどに乗せ、分量外の日本酒を入れた熱湯に5秒沈めたら引き上げて氷水にさらし、よく洗って取り残したウロコなどを除去します。

(4)深めのフライパンに軽く水気を切った大根とブリを並べ、お湯・日本酒・生姜を入れて強火にかけます。沸騰したら中火に落とし、アクが出るようなら除去してから砂糖とみりんを入れ、アルミホイルで落としぶたをして5分煮ます。それから醤油を加えて更に約20分、中火のまま汁気が少なくなってくるまで落としぶたをして煮ます。

(5)最後は仕上げ。煮汁が少なくなったら落としぶたを取って、スプーンなどで煮汁を回しかけながら照り照りに煮詰めて完了。わずかに残った煮汁と一緒に盛りつけ、セリを添えて柚子をあしらいます。

画像


 家庭料理だけに流儀が多彩なぶり大根、夜中料理は煮詰めきって照り照りのあめ色に仕上げます。つまり煮汁が減らない圧力鍋では自動的に不可能。中落ちではなくカマを使うので、身の食べ応えも充分な本日です。大根を水にさらすのは味を抜くためで、鶏大根のときは煮汁を大根臭くしないという目的がメインでしたが、本日はストレートにブリと煮汁の味をがっちり吸わせるため。大根の汁を水に置き換えてしまうことで浸透圧が低下し、煮汁が減る=大根の水分も失われると共に、ほれぼれするほど味が入ります。ウロコを神経質に取るのは、その方が皮がおいしいじゃんという皮フェチの習性なので、皮なんか食べないざんすというブルジョワの方は無視してください(笑)。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 フライパンで煮魚なんてオマエはケンタロウさんか!

 そのツッコミはほめ言葉なので喜んで引き受けます(笑)。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
豚の角煮(圧力鍋使用)
 日付は変わって既に2月、プロ野球選手はキャンプに入ってシーズンを戦い抜くための体力づくりや技能の習得に本腰を入れ始める時期です。とはいえカレンダーをめくりながらああもう2月かこれ以上勤め先で正月ボケのフリはできないなとうなだれるノー炊飯器野郎は、今さらおひとりさま人生を生き抜いていくための体力や技能を習得してもなぁと空しさを覚えながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/02/01 00:59
− タイトルなし −
 秋分を過ぎて昼より夜の方が長い季節になり、さあこれから秋の夜長をどうぞ夜中料理でお楽しみくださいと宣伝してみようと思ったりするものの、過去の経験上それでココロ以上に狭い肩身が広がったことなどまるっきりなかったりもするわけで、その辺のプロモーション活動に精を出すくらいならとりあえず自己満足一辺倒の方が楽なのかもとヒトとしての弱さを前面に打ち出して今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/09/26 01:28
ぶり大根2012
 既に日付は変わっていますが1月9日は成人の日でした。この三連休では当然のようにあちらこちらで文字通り酒に飲まれている若造の姿を目にしたわけですが、いつの間にかそんな光景を迷惑ではなくわずかに微笑ましく感じ始めてしまっている自分にオッサンの影を感じて愕然とする夜中料理野郎です。おひとりさま人生の荒波に飲まれまくって今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2012/01/10 00:53
ぶり大根2016年3月
 駆け込み需要という言葉があります。売り切れる前に買っておこう、プレミアがつく前に買っておこう、消費税率が上がる前に買っておこうといった心理で一時的に需要が高まる現象を指しますが、この時期に冬物が投げ売りされているのを見ると実は駆け込み供給といった言葉も存在するのではないかと思ったりもします。それで買ってもらえるのなら私自身もきっととっくに売れていますといつものオチで今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。...
2016/03/07 00:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。お邪魔します!!
肉厚なブリと味がしみしみの大根が物凄くおいしそうですね〜。
大根に一手間のくだり、勉強になります。
確かにブリ大根はレシピが多種多様なのでどれを参考にしていいやら思っていたのですが、作るときはこちらを参考にさせていただきますっ!
ユキコフスキー
2010/01/12 11:24
なるほど・・・・
いつも失敗していたブリ大根。
最近では、諦めモード入ってましたが、
お酒の入ったお湯ですか・・・・なるほどネ。
大根は、最近お得意状態になりましたが、次回、恐々やってみます♪
ruemamy
2010/01/12 12:24
ユキコフスキーさんはじめまして、コメントありがとうございます!

大根はいちょう切りや小さめの乱切りなら、隠し包丁も下ゆでも水にさらす必要もありません(笑)。

ブリも普通の切身を使えば、下ごしらえは不要です(笑)。

煮込み以前の手間ひまは全て、おでんみたいなでっかい大根に味をしみこませたい、骨付きがいいけど身の少ない中落ちは遠慮するという、とってもくだらない理由で発生しています。煮詰めて照り照りはおいしいのでオススメですが、それ以外は参考にしない方がはるかに早く、楽に同じおいしさに到達するということをお断りしておきます。
Zuki
2010/01/13 01:24
お酒を入れて霜降りっていうのは、冷凍ものの魚なんかでも有効です。このレシピはカマなのであっさり済ませていますけど、中落ちの場合はもっと念入りに下処理をやりますね。最初によく洗って、水気をふいて塩を振って、日本酒を振って、霜降りしてまた洗う。

そこまでやればおいしいんですけど、身が少ないし私の根性も少ないので(笑)。
Zuki
2010/01/13 01:25
失礼しました、上記のコメントはruemamyさん宛てです。済みませんね。
Zuki
2010/01/13 01:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ぶり大根 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる