ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ブフ・ブルギニヨン(圧力鍋使用)

<<   作成日時 : 2009/12/25 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

 本日は、よい子の靴下に紅白の衣装を着た老人がプレゼントを入れに来るとされている日です。私の勤務先でも多くの人がさっさと帰宅してしまい、夜中料理野郎も仕方なく早めの上がりだったりします。街角でケーキを売る紅白コスプレの女性に、今夜は靴下が必要なのであなたの靴下を私の家で脱いでくれませんかという馬鹿なセリフを言えるものなら言ってみたいと妄想を暴走させて今夜もひとり、夜中に料理します。

 馬鹿妄想は別として、時間があるからクリスマスらしいメニューを。ブフ・ブルギニヨンです。

画像


(分量:2回に分けて食べるひとりぶん)
 牛ほほ肉…360g
 赤ワイン(ブルゴーニュ)…200ml
 ブイヨンキューブ+お湯…ブイヨン200ml
 塩…適宜
 こしょう…好きなだけ
 バター…30g
 炒め油…サラダ油大さじ1

[マリネ液]
 たまねぎ…1/4個(約60g)
 にんじん…中サイズ1/2本(約110g)
 セロリ…根元側15cm(約65g)
 にんにく…やや大きめ1粒(約8g)
 ローリエ…2枚
 クローブ(パウダー)…少々
 赤ワイン(指定なし)…200ml

[つけあわせ&見映え]
 ジャガイモ(レンジ加熱)…中1個(約100g)
 小松菜(ソテーする)…0.2束(4株、約60g)
 エリンギ(ソテーする)…中1本(約45g)
 生クリーム…見映え
 セルフィーユ(チャービル)…見映え

(作り方)

(1)マリネから始めます。タマネギは16等分サイズのくし型、ニンジンは小さめの乱切り。セロリは1mm厚みくらいで小口切りにし、ニンニクは根元を落としてタテ2等分、芽を取り除いてから繊維と平行に薄くスライス。これらの野菜とローリエ、ブロックの牛肉をフリーザーバッグに入れ、クローブを振って赤ワインを注いだら空気をしっかり抜いて密閉し、冷蔵庫で1晩寝かせます(つまりこれは、前日に実施した作業です)。フリーザーバッグから肉だけを取り出し、水気を切ったらスタンバイ。

(2)圧力鍋にサラダ油で中火、肉を入れます。ひっくり返しながら表裏、いい感じの焼き色がついたところで残ったマリネ液を野菜ごと全部ゴロゴロと入れます。ひたひたの水位までブイヨンと赤ワインを半々で追加し、強火で沸騰させてアクをすくってからアルミ箔の落としぶたを乗せます。その上からフタをしてロック、圧力がかかったら弱火にして45分加熱し、火を止めて圧力が抜けるまで放置します。

(3)ふたを開けて落としぶたを取り除き、肉とローリエを取り出します。残った鍋の中身をザルで煮汁と固形物に分け、ザルに残った固形物をオタマの底などでつぶし、そのまま裏ごし状態にしてしまいます。それらと煮汁を改めてしっかり混ぜ、濃厚&なめらかな煮汁を作ります。

(4)そこから仕上げ。煮汁を鍋(圧力鍋でなくてよい)に入れて強火にかけ、沸騰したら中火に落とし、焦げないようたまに混ぜながら煮詰めます。好みのとろみが出てきたところで弱火、肉を戻してたまに静かに混ぜながら、中までしっかり温まるよう煮込みなおします。最後にバターを溶かし込んだら味見、塩・胡椒で味を調節して完了。つけあわせと一緒に盛りつけ、セルフィーユと生クリームをあしらいます。

画像


 牛肉もぜいたくですが、実のところブフ・ブルギニヨン(Bœuf Bourguignon)の名に反しないよう、きちんとしたブルゴーニュワインを使っているところが盛大にぜいたくだったりします。ただしマリネ液にまで使うのはもったいないので、そっちは安い物を(笑)。もともと家庭料理なので流儀は様々ですが、とにかくブロックの牛肉をほろほろになるまで赤ワインと香味野菜で煮込む料理。バターと生クリームはワイン煮らしい酸味の角を取るのに有効ですが、脂肪分が気になるから控えたいという方はタマネギのソテーを加えるなどの工夫を。なお去年のコイツと同様、赤ワインは開栓と同時に味見と称してフライングしています。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 実際は、おひとりさまのクリスマスイブです。

 静かな深夜。

 おいしいワイン。

 ワインが進む料理。

 低めの音量で流れるチャイコフスキー。


 …邪魔する奴はサンタでもお断り、意外と上等のひとりぶんライフ。



●おしらせ

 年末は30日から休みに入るため、今年の夜中料理は27日と28日の夜、あと2回の予定です。残りわずかですがもう少しだけ本年もひとり、夜中に料理する予定です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コック・オー・ヴァン(圧力鍋使用)
 既に日付は変わっていますが12月23日は祝日、とっても日本的なとある人物の誕生日でした。しかし世間ではそちらよりも翌々日に誕生日を控えている人の方を優先してイヴイヴなどと呼んでいたりします。いっそ世間の動向に合わせて5月3日はこどもの日イヴイヴ、2月11日に至ってはバレンタインイヴイヴイヴとかいう名前にしてしまうのはどうだろうとまったく価値のないたわごとをつぶやきながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/12/24 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今年は理系男子がキましたし
料理が得意な男子はずっと流行っていますし
いよいよ時代がZukiさんに追いついてきた
感じですね。

ときに生クリームですが使用頻度の少なさや
保存期間の短さの面でひとりものには
白菜やスイカ一玉より扱いづらい感があります。
御指南ください。
ささん
2009/12/25 15:31
絶対、この料理は赤ワインに合う!!!
ん・・・・多分私なら、ブルゴーニュよりボルドーの2006年物かも?
のどが、ゴックン鳴りました
ruemamy
2009/12/25 22:06
サンタさんは来ましたか?
脱ぎましたか?笑

ワインにばっちり合う料理ですね!
あと2回楽しみにしてますっ!
SUZU
2009/12/27 19:28
ささんさんこんばんは、コメントありがとうございます。理系男子ってキてるんですか。でも家族を見ていると料理が得意だなどとは口が裂けても言えない(笑)。

で、生クリームの使いきり方ですか。

・牛乳に混ぜる
・インスタントスープ(ポタージュ系)に混ぜる
・マヨネーズに混ぜる

 というのが私の常套手段です。個人的には牛乳に混ぜる頻度が圧倒的に多いですね。牛乳の30%〜50%を生クリームに置き換えてカフェオレやココアを作るとおいしいです。その分コーヒーを濃いめにするといったバランス取りは必要ですけど、大量消費が可能です。

でもそれは私が牛乳常備派だからだと思います。動物性じゃなきゃ、というこだわりさえなければ、コーヒー用のポーションを生クリーム代わりに使うこともできますよ。
Zuki
2009/12/28 00:40
ruemamyさんこんばんは、コメントありがとうございます。

モルト好きなのに、実のところワインには詳しくないし、詳しくなりたいとも思っていないんです。南半球ワインでいいやって人です。まあそうでないと財布と肝臓がもちません(笑)。
Zuki
2009/12/28 00:45
SUZUさんこんばんは、コメントありがとうございます。

サンタは来ませんでしたねえ。脱いでもらう以前に言えてませんし(笑)。「今夜は靴下を枕元に置いて寝るので、仕事が済んだら足を入れに来てくれませんか」ってセリフと比べて悩んだ末に、どっちも言えない妄想馬鹿です。
Zuki
2009/12/28 00:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ブフ・ブルギニヨン(圧力鍋使用) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる