ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 揚げ根菜のおろしぽん酢(自家製柚子ぽん使用)

<<   作成日時 : 2009/12/17 01:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

 誰にでもいたいけな少年少女の時代があったように、私にも炊飯器を持っていた時代があります。しかしその後、炊飯器もなく料理もまったくやらない時代、料理はするけどごくたまに、ロクでもないものしか作らない時代などを経て、紆余曲折の末にたどり着いたのが実のところ現在のていたらくだったりするわけです。正直、自慢どころか弁解にすらなっていないと自覚して今夜もひとり、夜中に料理します。

 根菜を揚げてぽん酢でいただきます。大根おろしも添えて根菜尽くし。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:普通に考えれば二人前くらいのひとりぶん)
 れんこん…やや小さめの1/2節(約140g)
 かぼちゃ…1/16個(約170g)
 にんじん…1/2本(約110g)
 だいこん…しっぽの方1/4本(太い側のφ65mm、L110mm、約240g)
 揚げ油…適宜
 ぽん酢…適宜
 一味唐辛子…小さじ0.3〜0.5くらい

[自家製柚子ぽん]
 ゆず果汁…80ml(2個分)
 米酢…20ml
 しょうゆ…90ml
 日本酒…30ml
 みりん…30ml
 だし昆布…6cm×8cm(約4g)
 削り節…2パック(6g)

(作り方)

(1)ぽん酢から。キッチンばさみで昆布を1cm角に切り、削り節と一緒に密閉可能な保存容器に入れておきます。醤油・日本酒・みりんを小鍋に入れて軽く沸かし、アルコールを飛ばします。しっかり冷ましてから酢とゆず果汁を混ぜて保存容器に注ぎ、密閉して冷蔵庫で保存します。味を見ながら2〜3日後に削り節と昆布を除去し、以後は普通にぽん酢として使います(私はこれを、先週末に作っています)。

(2)大根は皮をむいておろし、一味唐辛子を混ぜていんちきな紅葉おろしを作っておきます。蓮根と人参は皮をむき、カボチャは種とワタを取り、それぞれある程度大きさをそろえて乱切りにしたらスタンバイ。

(3)といっても後は揚げるだけ。全部まとめてフライパンにゴロゴロと入れ、全体がかぶるくらいの油を注いで中火で点火。150℃〜160℃になる頃まで待ったらいい感じの色になっているので取り出して完了。無造作にゴロゴロと盛りつけて、紅葉おろしとぽん酢を添えます。

画像


 ぽん酢を作ったのは本当に久しぶり、冒頭に書いた炊飯器のある時代にさかのぼります。揚げたてをおろしぽん酢、肉や魚ではおいしいに決まっている食べ方ですが、揚げることで甘みが増すタイプの根菜でこれをやるのもまたおいしいです。レンコンしゃっきり、カボチャはほっくり、そしてニンジンはサクッとしているのにやわらかい。根菜の素揚げということで例によってズボラ戦法、大きさをボチボチそろえておけば異なる素材をまとめて揚げても失敗しません。ポイントはガンガンの強火を避け、ややゆっくりめに温度が上がる火加減のまま、最初から最後まで変えないこと。それによって120℃付近で均一に熱平衡状態が発生し、素材や多少の大きさの違いにかかわらず均一に水分が蒸発していくと考察しているからです。まるで示差熱分析、根菜の素揚げ限定ですが無敵のズボラ戦法です。

 なお、柚子の皮(正直、こっちが本命)は適当な大きさに切ってラップに並べ、上から更にラップでサンドイッチにして冷凍しています。

画像


 使うときには1区画ずつ、ハサミで切り取って使います。

 話を戻して本日のもう一丁は、筋肉料理人さんの「鶏皮のピリ辛ポン酢あえ」です。これ凄くおいしい。

画像


 昨夜の鶏マヨ春菊のときも、過日のキエフ風チキンカツのときも、レシピには皮なしと書いていますが、実は夜中料理野郎が買い物に行く時間帯だと皮なしが売り切れていたりして、皮つきの肉から皮を除去・冷凍保存していたりします。そんな皮がある、ちょうど自家製ぽん酢もある、何よりこれはおいしそう、ということで作りました。自家製ぽん酢だと、鰹だしの素の配合比を加減する必要があるかなあ、という感じですが、甘味・辛味・酸味のバランスが素晴らしく、超絶でオススメです。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 こんな私にも忘年会というものがあり、明晩の夜中料理はお休みです。

 これまでどころか今後のことも忘れたいノー炊飯器ライフ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かじきのムニエル・柚子バターソース
 出張から帰ってみればたった一泊二日なのにこんもりと電子メールが入っていたりして、その対応だけで夜中になってしまうダメダメなノー炊飯器野郎は、買い物しなきゃなーと思いつつも投げ売りと売り切れの狭間のような時刻まで帰路につけなかったりするわけです。スーパーで鍋コーナーの片隅に置かれているゆずを手に取りながら、某男性デュオの曲をつぶやくように口ずさみつつ今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/12/15 01:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
良い事、習った!
ゆずを沢山頂いて、どうしたら良いものか、
考えあぐねておりました。
冬至のお風呂?ジャム?って・・・
なるほど・・・こうしたら良いのね。
ありがとうございます♪
早速、真似させて頂きます。
ruemamy
2009/12/17 03:05
ポン酢の作り方知りませんでした^^;
参考にして作ります・・・。
手作りポン酢で、美味しい根野菜を頂くなんて、お酒がすすみそう^^
syo
2009/12/18 02:12
一週間お疲れさまでした^^
柚子をラップでサンドイッチとは、なんというアイデアでしょう(あ、普通ですか・・・)
Zukiさんから教えていただくことたっくさんありますね♪
また楽しみにしてます^^v
SUZU
2009/12/18 19:54
ruemamyさんこんばんは、コメントありがとうございます。

私は正直、余った柚子果汁の使い道としてだけのぽん酢です。ぽん酢を主軸にすれば、みかんとか橙とか複数の柑橘をブレンドするというのが本格ですよ。みりんの甘味もそれに応じて加減。
Zuki
2009/12/21 00:59
syoさんこんばんは、コメントありがとうございます。

私自身、かつて一度親が仕込んだのを知ってるだけです。だから基本的に余った柚子果汁の使い道(笑)。材料があるならやってみるのも手ですけど、市販ぽん酢も意外と頑張ってますよ。
Zuki
2009/12/21 01:04
SUZUさんこんばんは、コメントありがとうございます。

ラップでサンドは、柚子以外にも使えますよ。みじん切りのニンニクや生姜、刻みネギとか。休日にまとめて作ると楽です。
Zuki
2009/12/21 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

揚げ根菜のおろしぽん酢(自家製柚子ぽん使用) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる