ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏マヨ春菊

<<   作成日時 : 2009/12/16 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 12月が折り返し地点を過ぎたにもかかわらず、今年も残すところあと半月となりました、などという中途半端な挨拶しか浮かんでこないのは、ひとえにあと10日を切ったイベントと徹底的に無関係だからだったりします。今年も肩を地面スレスレまでがっくり落としてその日をやり過ごすことになりそうな夜中料理野郎は、スーパーで延々と流れる一連の音楽に渾身の力で耳をふさいで今夜もひとり、夜中に料理します。

 鶏マヨ、プラス春菊。ひとり鍋をやらなくても春菊どっさり。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:意外と普通に男のひとりぶん)
 春菊…0.6把(7株、約120g)
 鶏むね肉(皮なし)…140g
 日本酒…大さじ1
 塩…少々×2
 こしょう…少々×2
 小麦粉…適宜(実質的には大さじ1弱くらい)
 ピンクペッパー…見映え
 炒め油…サラダ油大さじ1

[マヨネーズソース]
 マヨネーズ…大さじ3
 コンデンスミルク…大さじ0.5
 ケチャップ…小さじ1
 ドライジン…大さじ0.5
 白ワインビネガー…小さじ0.5
 あらびきブラックペッパー…少々

(作り方)

(1)鶏肉は5〜7mm厚さのそぎ切りにして、日本酒をもみこんでおきます。春菊は根元をちょっとだけ切り落としたら茎の方を4〜5cm、葉の方は6〜10cm長さにざくざく切って、大体でよいので茎と葉を分けておきます。マヨネーズソースはあらかじめ混ぜ合わせておきます。鶏肉の表面の水気をキッチンペーパーで取って塩・胡椒を軽く振り、小麦粉をまぶしてはたいたらスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で中火、鶏肉を並べます。ひっくり返して表裏、火が通ったらひとまず取り出します。そのままのフライパンで強火、春菊の茎の方を炒めます。

(3)30秒くらい炒めたら葉の方も入れ、ざっと炒め合わせて軽く塩・胡椒、しんなりしたところで火から下ろします。鶏肉を戻し、マヨネーズソースをダッとかけたらササッとあえて完了。盛りつけてピンクペッパーを添えます。

画像


 過日のイカとXO醤で炒めたのに続き、本日も春菊もりもりレシピ。マヨソースのまろやかさで春菊がたらふくいただけます。コツというより注意点ですが、マヨソースは炒めないこと。マヨネーズは強熱すると分離してしまうので、らしさが失われてしまいます。本日は照りを出したかったので多少の分離を承知でフライパン上であえましたが、エビマヨではまったく加熱していなかったりします。ソースがあるとはいうものの、鶏にも春菊にも軽く味をつけておいた方が味の構造が深くなって引き締まり、おいしいです。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 家庭イルミネーションも増え、住宅地も商店街のようです。

 横目で見ながら、もういくつ寝ると…とつぶやくノー炊飯器ライフ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
揚げ根菜のおろしぽん酢(自家製柚子ぽん使用)
 誰にでもいたいけな少年少女の時代があったように、私にも炊飯器を持っていた時代があります。しかしその後、炊飯器もなく料理もまったくやらない時代、料理はするけどごくたまに、ロクでもないものしか作らない時代などを経て、紆余曲折の末にたどり着いたのが実のところ現在のていたらくだったりするわけです。正直、自慢どころか弁解にすらなっていないと自覚して今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2009/12/17 01:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しっつもん!!
そちらの「春菊」って1把で何株入ってます?
0.6把で7株って・・・?
ウチは5株で1把 値段は・・・ほうれん草より高こうゴザイマス。なので、聞きません。

でも「春菊」って子供の頃嫌いだったけど、
大人になったら、何で嫌いだったんだろう?って思う程、好きになってしまいました。
あの苦味、旨いっすね♪
ruemamy
2009/12/17 00:54
ruemamyさんこんばんは、コメントありがとうございます。

えーとですね、13株入っていました。価格はほうれん草より高いです。20%増しくらいですかね。

私は元々野菜全般がダメな偏食児でしたが、いつ克服したのか憶えていないくらい、冬の青菜は早い頃から好きな野菜になっていたんです。ほうれん草、小松菜、かぶや大根の葉、そして春菊、青梗菜。親に感謝です。春菊の炒めものとビールがやめられない(笑)。
Zuki
2009/12/17 01:36

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

鶏マヨ春菊 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる