ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ニラレバ

<<   作成日時 : 2009/10/26 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 休日に100均ショップなどに行くと、買うべきものや目的などないけれど何となくそこにいる女子高生グループなどと、狭い通路ですれ違ったりするわけです。ノー炊飯器野郎は彼女たちより財政にゆとりがあるはずなのですが、遭遇している土俵が100均ショップなだけに、彼女たちの目に映る私は単なるしみったれたオッサンでしかないわけです。小娘たちの寒い視線に負けないよう今夜もひとり、夜中に料理します。

 気骨の男子メニュー、ニラレバ。ああおっさんだよそれがどうした。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:ごはんのおかずなら二人前くらいだろうひとりぶん)
 豚レバー…90g(本日は最初から薄切りのもの)
 ニラ…約3/4把(13株、約80g)
 もやし…0.5袋(約100g)
 しょうが…みじん切りで小さじ2くらい
 にんにく…みじん切りで小さじ約2.5(13gくらいのやや大きめ1粒)
 塩…少々
 あらびきブラックペッパー…少々
 揚げ油…適宜
 炒め油…ごま油大さじ0.5+サラダ油大さじ0.5

[レバーの下味&下ごしらえ]
 しょうゆ…小さじ1
 おろししょうが…小さじ0.5
 おろしにんにく…小さじ0.5
 片栗粉…大さじ1
 分量外…レバーを洗う水

[合わせ調味料]
 しょうゆ…小さじ2
 オイスターソース…大さじ0.5
 紹興酒(なければ日本酒)…小さじ2
 さとう…小さじ0.25

(作り方)

(1)豚レバーは3〜4mmの薄切りにして(本日は薄切りで売ってたヤツを使ってます)、水で洗います。2回くらい水を交換して洗ったら、キッチンペーパーなどで水気を取ってボウルに入れ、片栗粉以外の下味を混ぜて5分ほどほっときます。そこに片栗粉を入れてドロリとさせたら、170℃〜180℃くらいの油でサッと揚げます。

(2)ニラは5cmくらいの長さに刻み、根元と葉を分けておきますます。ニンニクと生姜はみじん切り。合わせ調味料はあらかじめ混ぜておき、その他の調味料も手元に用意してスタンバイ。

(3)フライパンにごま油とサラダ油、にんにくと生姜を入れて弱火で点火します。ワーッと香りが出てきたら強火、もやしとニラの茎を炒めます。もやしが透き通ってきたらニラの葉を入れて塩・胡椒、炒め合わせて全体に油が回ったところでレバーを戻します。そこに混合調味料を投入したらフライパンをあおりつつ全体をしっかりなじませて完了。無造作な感じに盛りつけます。

画像


 ニラレバのレバーは豚が定番。牛レバーが今よりもずっと縁遠い食材で、鶏レバーには既に焼鳥という需要が存在していた昔、中華料理店にとって豚レバーが最も安価で調達しやすかったと推測できるからです。とはいえ鶏や牛とは違うクセがあるうえに、保存技術や流通も今ほど発達していなかったでしょうから、それらを打ち消すためにニンニク・生姜が増えていき、それが結果的にガテン系スタミナメニューの代名詞みたいになったというのが私の持論。今では牛や鶏のレバーもスーパーで買いやすくなりましまし、鮮度・保存もよいので薬味も最小限で済み、野菜との比率しだいでは女性も手を出すヘルシーメニューに位置づけられかねない勢いですが、本日はガッチリ男子の味つけです。から揚げにしたレバーを最後に合わせるこのスタイルは、レバーにしっかり味と風味がつくのでシンプルなスタイルよりもお気に入り。隠し味の砂糖がオトコのやすらぎ(笑)、自信の一品です。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 女子高生と張り合う気はありません。

 大人だからです、という台詞がガキっぽい。



●本日のおわび

 実はこれ、昨夜の記事だったりします。自分としては公開したつもりでいたのですが、先ほど見たら未公開の状態でした。幸いデータは残っていたので、この文章を追加して、公開しています。期待してくださる方がいるとは思っていませんが、万が一いたら申し訳ありません。そのぶん今夜は二本立て、しばらくしたらメニューを公開しますと宣言して今からひとり、夜中に料理します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
男子肉じゃが
 二時間ちょっとのご無沙汰でしたと面目ないことを書いているのは、昨夜の料理を昨夜に公開しそこねていて、さっき公開したばかりだからだったりします。ただでさえ明るい間は昼行灯でしかない夜中料理野郎だというのに、夜になったら今度はお先真っ暗かよ、そんなんでどうすると自分で自分に意味不明のツッコミを入れながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2009/10/27 01:14
ニラレバに見える酢豚
 天気予報を見れば雪だとか寒波だとか、とりあえず職場でも風邪とかインフルエンザに気をつけましょうといったセリフが出てくる今日この頃ですが、そういうれっきとした病気以前に夜中料理野郎は寒い朝に布団から出られない病が悪化の一途をたどっていたりします。もうじきココロが寒くてバレンタイン直前は外に出られない病を併発するのではないかと予告して今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2012/02/02 01:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今夜は2本立てなんて、すごぉ〜い!
ルンルン、得した気分♪
楽しみにしてます。
ニラレバ、ウチも作りますが、ちょっと違う。
そのせいでしょう・・・Zukiさんの方が美味しそう・・・・今からゆっくり検証してみます。
ruemamy
2009/10/26 23:24
ruemamyさんこんばんは、たびたびコメントありがとうございます。

見た目がいいのは多分、野菜の加熱時間が短いからだと思います。我が家は鉄のフライパンなので全開の強火が可能、モヤシがしゃっきり白く、ニラもしゃっきり青々としたタイミングで仕上がります。
Zuki
2009/10/27 01:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ニラレバ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる