ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS カボチャとパプリカ=夏野菜のグリル

<<   作成日時 : 2009/08/03 00:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

 セミの声が聞こえたといいつつ、午前中のクマゼミはいいとして昼下がりにヒグラシが鳴くって季節としてどうよなんて思うわけで、暑いとだるいのは分かりきっていても暑い夏に涼をくれるミンミンゼミとかうだる暑さを演出してくれるアブラゼミとかを待望している自分に気がつくわけです。暑苦しいだろうノー炊飯器野郎をどこかで待望してくれている素敵な誰かはいないものかと思いつつ今夜もひとり、夜中に料理します。

 安易に夏の焼き野菜。旬の野菜は破壊力抜群です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:結構普通にひとりぶん)

 カボチャ…150g(立派なやつなら1/12個くらい)
 赤パプリカ…1/2個(約60g)
 黄色パプリカ…1/2個(約60g)
 塩…少々(1gくらい)
 オリーブ油…小さじ1

[白い適当ソース]
 バター…10g
 白ワイン…大さじ0.5
 生クリーム…大さじ1
 塩…少々〜ひとつまみ+α
 こしょう…好きなだけ

(作り方)

(1)まず白い適当ソースから。小鍋にバターと白ワインを入れて中火にかけ、バターが溶けてワインのアルコールが飛んだら生クリームを混ぜ、泡立つような状態で10秒くらい詰めたら火から降ろし、胡椒を振って塩で味を調節します。

(2)カボチャは幅5mmくらいの薄い串形に切り、塩少々をまぶしてからオリーブオイル小さじ1をまぶしておきます。パプリカはタテ二等分のままヘタとタネを採ってスタンバイ。

(3)といっても後はコンロについてる魚焼きグリルを強火、アルミホイルを敷いてそれぞれ5分くらい、様子を見ながらひっくり返したりしつつ焼くだけ。パプリカは黒コゲの皮をむいて(熱いので注意)、更にタテに3つに切ったら白い適当ソースを敷いた皿に並べて完了。お手軽レシピです。

画像


 そもそものところは以前、記事は好日弁当日記。さんがグリルパンで夏野菜を焼いていたところに端を発しています。本当に夏野菜というのは、ただ焼くだけという調理法に良く合います。立派なグリルパンは持っていませんが、魚焼きグリルはその辺の電子レンジ兼用オーブンよりはるかに強い火力の持ち主。焼魚は網で焼くというこだわり持つ私ですが、こういうときには頼りになります。普通に醤油とかバルサミコかけて、とかもいいんですけど本日はちょっとこってりが欲しかった体調らしく、適当にソースを作ってみています。

 当然、こっちも真似してベーコンを焼きます。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 

 グリルなら魚焼けよ魚、って感じですけどね。

 自分の本来の用途も見失ってる人生です。


●本日のありがとう

 毎日あたたかいコメントを下さる ruemamyさん、そして生暖かく見守ってくださっている多くの皆様に、実のところ支えられています。ブログだけじゃなく、普通に生きてくうえで。シビアでドライなリアルの世界で夏休みまで突っ走る元気をいただきながら次回もまたひとり、夜中に料理したいと思います。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カボチャのカニあんかけ
 気がつけばそろそろお盆休みというものを意識しなければならない時期に来ているわけですが、ノー炊飯器ライフである以上にノープラン人生である夜中料理野郎の場合、とりあえず夏期休暇の前半は家を留守にする、くらいしか決めていなかったりします。どこかには行けるし、非日常でさえあればそれなりに楽しめるだろうという、いい大人の分際であまりにも適当な考えで今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2009/08/04 00:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
いつも好日弁当日記。をご紹介いただいて
ありがとうございます。恐縮です。

夏野菜はほんと焼いただけでうまい。
なのにちゃーんとソースまで作るZukiさんには
感服です!

これからもレシピをマネさせていただきますが
お許しくださいね〜
好日弁当日記。
2009/08/03 20:55
ウフッ
料理の事では、全くアテにならない私で、スミマセン。
Zukiさんの料理の刺激になる様な事、いつの日か、書ける様になりたいわぁ・・・
先日、ここ経由で好日弁当日記さんに、訪問させて頂き足跡残してきました。
もう、すっかり好日弁当日記さんも我師匠と思い込んでる大胆な私です。
ありがとうございます
ruemamy
2009/08/03 22:55
好日弁当日記。さん、コメントありがとうございます!

宣伝してもらっているのは絶対に私の方です。自分で作るから中身が分かっていても、それでも開けるのが楽しそうなあの弁当箱の中に入れていただいていると思うと、ちょっと鼻が高いです。私も参考にします、これからもよろしくです。

Zuki
2009/08/04 01:02
ruemamyさん、コメントありがとうございます!

素敵ですよね、好日弁当日記。さんのお弁当。都会のランチでは癒しになり、自然の中の昼餉では力になりそうっていう、飾り気のない温かみを感じます。

自分の大切な人とか、日々の中でおろそかにしていることとかを思い出させてもらって、ヒントはいっぱいもらってます。単なるおいしさとは別の形で記憶されている味もあるんだなって、自分を発見させてもらってます。こちらこそ、ありがとうです。
Zuki
2009/08/04 01:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

カボチャとパプリカ=夏野菜のグリル ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる