ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 肉じゃが風ひよこ豆

<<   作成日時 : 2009/05/07 00:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ついに連休も終わってしまいました。明日からまた仕事、ということは夜中料理も再開ということになります。ふやけた頭をシャキッとさせておかなければならないはずなのですが、実際はふやけまくったココロとカラダをどうにか職場に向かわせて、シャキッとしたふりをしてやり過ごすことになりそうですという自堕落ぶりを表明しながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 前夜からふやかして、下ゆでしておいたひよこ豆を使います。肉じゃがの、ジャガイモの代わりにひよこ豆。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

→レシピブログ

(分量:おかずならばっちり二人前のひとりぶん)

[基本の材料]
 ひよこ豆(下ゆで済みのもの)…乾燥状態で70g、下ゆで後は160gくらい
 牛肩ロース薄切り…100g
 玉ねぎ…1/2個(約140g)
 にんじん…1/2本(約80g)
 アスパラガス(塩ゆでする)…3本(約50g)
 炒め油…サラダ油小さじ2
 水…600mlくらい(あくまで目安)

[煮るときの調味料]
 しょうゆ…大さじ1+小さじ0.5くらい
 さとう…大さじ0.5
 みりん…大さじ0.5

[仕上げ調味料]
 しょうゆ…小さじ1
 みりん…小さじ1

(作り方)

(1)牛肉は食べやすい大きさに、玉ねぎは繊維の方向に薄くスライス、にんじんは豆とバランスが取れるよう小さめの乱切りにします。アスパラは根元2cmくらいを切り落として根元側1/3程度まで皮をむき、1cm幅くらいの斜め切りにしたら塩ゆでにしておきます。

(2)フライパンにサラダ油で強めの中火、玉ねぎとニンジンを炒めます。タマネギがしんなりしたら端に寄せ、作ったスペースで肉を炒めます。肉の色がしっかり変わったら調味料を入れ、全体をしっかり炒め合わせてからひよこ豆を投入、ひたひたになるまで水を入れ、ふたをして強火で煮ます。途中、煮詰まりそうなら水を足しながら20分煮ます。

(3)20分経ったらフタを取り、水分を飛ばします。汁気がほぼなくなったところで仕上げの調味料を入れ、フライパンをあおりながら更に煮詰め、照り絡めてツヤを出したらアスパラを混ぜて完了。盛りつけます。

画像


 ほくほくした食感がおいしいひよこ豆、だったらジャガイモみたいな調理法も可能でしょ、というのが本日のメニュー。でもジャガイモのようには味がしみてくれないので、肉とタマネギにしっかりつけた味で煮からめていくカツ代−ケンタロウ式に加えて、最後にも外側から味を照り絡めて補強します。ひよこ豆といえばサラダかカレーかトマト味がほとんどですが、ばっちり和風もいけます。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 肉じゃがの変形だから肉ひよこ、って名前だとすごく変なので。

 ひよこ肉、だと明らかに違うものになってしまいますし。

 まだまだ頭はふやけてます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

肉じゃが風ひよこ豆 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる