ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS レタスとチャツネと焼きレバー

<<   作成日時 : 2009/05/29 00:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 5月もそろそろ終わりに差し掛かっています。ラブリーなイベントもないまま1年の12分の5が過ぎてしまうという寂寥感もさることながら、夜中料理野郎の場合、やる気のなさを5月病という言葉でごまかせなくなってしまうことの方が問題だったりします。栄養でもつけて明日から頑張ろう、というのが気休めであることにもうっすら気づいていながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 栄養たっぷり鶏レバー。チャツネを添えてレタスといただく夜中料理流。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:男のひとりぶん)
 鶏レバー(ハツ付属)…約160g
 塩ひとつまみ+水1リットル(下ごしらえ用)…3杯
 塩(味つけ用)…ひとつまみ
 胡椒…少々

 リーフレタス…レバーとバランスが取れる量(本日は約70g)

 市販チャツネ…大さじ2
 クミン(パウダー)…小さじ0.5
 カルダモン(パウダー)…小さじ0.5
 クローブ(パウダー)…小さじ0.25
 コリアンダー(パウダー)…小さじ0.5

(作り方)

(1)レバーからハツを切り離します(円錐形で、弾力のある肉質なのがハツです)。ハツの方はタテに切りこみを入れて開きにし、血の塊をよく洗い流します。

(2)レバーはまず大まかに切り分け、焼いて縮むぶんを考慮して大きめに切り分けます(大まかに切り分けたとき、断面に血の塊を見つけたら、その部分を切り開くように切り分けると血抜きが楽です)。切ったら塩水に入れて優しくもみ洗い、血の塊が見つかったら優しくしごいて除去します。塩水は汚れたら交換し、3回くらい洗います。

(3)後はチャツネにスパイスを追加しておき、レバーとハツに塩と胡椒を振ったら、焼肉みたいに焼き網で焼いて完了。レタスにレバーとチャツネを乗っけてクルリと巻いていただきます。

画像


 焼肉ではサムジャンとサンチュが定番ですが、こと塩焼レバーについては、本日の組合せもかなりいけると思っています。レバー好きの程度によりますが、血抜きを徹底的に(塩水を何度も交換して汚れなくなるまで)やってしまうと味もボケるので、個人的に加減しています。スパイシーなチャツネならそのまま使うのですが、現在手元にある某社のマンゴーチャツネはかなりマイルドなので、自己責任で盛大にスパイスを追加しています。また本日は、自分にとってやや目新しい品種のリーフレタス、水耕栽培フリルアイスとやらを使っています。クセが少なく、単品では優しすぎるかもしれないけど合わせやすいです。根元シャキシャキ、葉先は柔らか。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 カラダに栄養。明日も元気。

 ココロは栄養不足。ラブリーなやつが集中的に。



 たくさんのアクセス、心からありがたく思っています。感謝の気持を忘れずに、明日はちょっと微妙ですが次回もまたひとり、夜中に料理しようと思います。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ピーマンと鶏レバーのウスターソース炒め
 盆と正月が一緒に来たような、という形容の対極にある表現とは何なのだろうかとふと思い、梅雨と真冬が一緒などという風情ある表現よりも中間テストと期末テストが一緒とか孤独なクリスマスと孤独なバレンタインが一緒とかまるで痛い人みたいな語彙が先に浮かんでしまうことに気づく夜中料理野郎です。きっとココロが疲れているせいだからせめて精のつくものでも食べようと今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/07/12 01:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

レタスとチャツネと焼きレバー ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる