ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆転カツとじ

<<   作成日時 : 2009/05/28 01:02   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 主客転倒という言葉があります。ぶっちゃけていえば上司と部下の関係が入れ替わる、越後のちりめん問屋のご隠居が水戸のご老公になる、夜になるとご主人様とメイドの関係が入れ替わる、といったことです。後の方は何か違う気もしますが、いいんです。ボケとツッコミが入れ替わるのは該当しないよなとボケボケのことを考えながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 主客が転倒したカツとじを作ります。主役はタマネギフライ、豚肉は脇役。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:男のひとりぶん)
 たまねぎ…1/2個(約120g)
 小麦粉…適宜
 溶き卵…小さじ1.5
 パン粉…適宜
 揚げ油…適宜

 豚ロース薄切り肉…60g
 和風だしの素+お湯…だし汁60mlぶん
 しょうゆ…小さじ2
 みりん…小さじ2
 さとう…小さじ1
 溶き卵…1個マイナス小さじ1.5
 三つ葉…好きなだけ(2〜3本)

(作り方)

(1)タマネギは繊維と平行に8等分の厚みに切ります。ばらけないように爪楊枝を打って小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけ、160℃〜170℃くらいでじっくり揚げてフライにします。揚げ終えて衣が落ち着いたら、慎重に爪楊枝を抜いておきます。

(2)豚肉は幅5〜7mmくらいの細切りにします。三つ葉は3cmくらいにカット。だし汁と調味料で割下を作り、フライで残った溶き卵も用意してスタンバイ。

(3)小さいフライパンに割下を煮立て、中火で豚肉をほぐしながら煮ます。肉の色が変わったらタマネギフライを並べ、20秒くらい煮立てたところで溶き卵の半量を投入。熱が通ったところで火を消し、残りの半量を回しかけたら、ふたをして1〜2分(卵のかたさの好みに応じて)待って完了。フライの衣が崩れないよう、ていねいに盛りつけます。

画像


 タマネギと肉の調理法だけでなく、形状と重量配分もさかさまにした本日のメニュー。肉とタマネギの価格差を考えれば多少は経済的、ただし衣の量が増えるのでヘルシーかどうかは微妙なところ(おい)。卵とじは余熱で調理すると火の通り加減を調節しやすいですし、見た目もよくなります。当たり前のことですが、丼物用の鍋とか持ってると盛りつけるのが楽です。

 もう少し野菜が欲しいので、シンプルに冷やしトマトを添えます。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 基本的に、面白がりたいだけの悪ふざけメニューです。

 ツッコミを入れてくれるのはエア相方だけですけど。



 多くの方にアクセスいただき、本当にありがとうございます。オチの後にまで馬鹿なことを書き連ねるのも何なので、少しずつシンプルにしようと思っていますが、感謝の気持ちが減っているわけではないこと、ご理解いただきたいと思います。今後も励みにさせていただいて明日もまたひとり、夜中に料理したいと思います。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

逆転カツとじ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる