ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 若竹煮

<<   作成日時 : 2009/04/14 00:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

 桜が散り始めると浮かれムードも治まってくるのが世の中の常というか、普通に考えれば花見のシーズンも終わったしいつまでも浮かれてるんじゃないぞという常套句が飛び交うのは当然のことです。しかし根がおめでたい私のような人間は、花見にも行かずに炊いたタケノコが我が家に残っているせいで、もうしばらく脳内が満開だったりします。

 ということで本日はタケノコ第二弾、穂先だけを使って若竹煮です。大好きなんですよね、これ。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜なら二人前相当のひとりぶん)
 ゆでたけのこ…約170g
 カットわかめ…乾燥状態で大さじ1.5くらい
 木の芽…飾り
 鰹だしの素…普通のだし汁750ml相当量
 昆布だしの素…普通のだし汁750ml相当量
 熱湯…500ml
 うすくちしょうゆ…約小さじ1

 まず煮汁の準備をします。二種類のだしの素と熱湯を鍋に入れて火にかけ、30秒くらい煮立ててからキッチンペーパーでこして、充分に冷まします。たけのこは穂先の部分だけを使い、6つに割ってスタンバイ。
 鍋にだし汁とたけのこを入れ、弱めの中火にかけます。沸騰したら弱火にしてコトコト3分、味見をしてから薄口醤油を入れ、更に3分ほどコトコト煮てひとまず火を止めます。ここでおたま1杯くらいの煮汁をボウルなどに取り出し、それでワカメを戻します。ボウルからワカメだけを取り出し、タケノコの鍋に加えたら追加で2分ほど弱めの中火で火を入れて完了。煮汁を多めに注いで盛りつけ、木の芽を添えます。

画像


 夜中料理の若竹煮は、煮物というより吸物の仕立てです。調味料が最小限のぶんだけダシは高濃度、ペーパーでこして透明感を保ち、きっちり冷ましてからゆっくりめに煮立てることで、たけのこに味が入るようにします。醤油の量は味見しながら慎重に。カットわかめは煮込みに弱いので加熱時間は最小限、わかめを戻した煮汁は海草の香りが強すぎるので、鍋に戻さずに仕上げます。

 本日のお相手は、ささみの和風ピカタです。昨夜アジフライを作ったときに余った溶き卵を使っています。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 たけのこが残っているうちは脳内満開で…ダメですかね。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かぶの揚げだし
 不景気とはいえ、世間はボーナスシーズンです。去年も同じことを書いた気がします。そして勤め先の名誉と私の立場のために私にもボーナスはあったと明記しておくこと、この時期はスーパーでもステーキ用とかすき焼き用の肉、鍋コーナーに突如出現するカニ等の豪華食材で通常の品目が圧迫されるということも去年、書いた気がします。要は一年経っても何ひとつ進歩していないというオチで今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2009/12/14 00:36
スズキの幽庵焼き
 4月になっても年度末以上に忙しい状況というのは実のところ年度末があまり関係ない技術職ならではで、世間が桜の名残りで全力花見をしている頃にのほほんとたけのこをゆでているズレっぷりもその辺に由来しているのではないだろうかと不毛な自己弁護をしたくなる夜中料理野郎です。人として、いや男としてのイケてる時期はまだ残っているはずだとかたくなに否定しながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/04/13 02:05
かじきの照焼
 ここ数日の温かさで桜の開花も一気に進み、花見どころじゃないよという状況の方も多数おいでではあろうと思うものの、さくら色の花びらに心を和ませているのではないでしょうかなどとたまにはマトモなことを書いてみる夜中料理野郎です。実際は脳内が年中満開のくせに人生においては心を和ませてくれるサクラ色のイベントに恐ろしく欠けている華の足りないおひとりさまが今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/04/11 01:31
たけのことあさりの炊き合わせ
 満開のサクラが一気に葉桜に変わるのを助長しているかのような陽気が続いたりすると、おいおい今年は出だしも遅かったのに店じまいも早いのかいと朝っぱらから短い旬のタケノコを吟味しながら意味もなく焦る夜中料理野郎です。ええもう葉桜どころか枯れっぱなしですとか出だしが来る前に店じまい寸前ですとかサクラや筍と違って生命力のかけらすら見つからないおひとりさま人生を暴露して今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/04/18 00:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は好き嫌いがあまりありません そして嫌いというほどでもないけど煮たワカメがイマイチ駄目です
うちの祖母、母が味噌汁のワカメをグラグラ煮るのでトラウマですf^_^;
グミ
2009/04/16 02:06
こんばんはグミさん、コメント本当にありがとうございます。

私も煮込みすぎたワカメはノーサンキューです。幸い親類にはいないのですが、学食がその手だったのでワカメが味噌汁の具だった時は避けてましたね。
Zuki
2009/04/17 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

若竹煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる