ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS タマネギの漬け焼き

<<   作成日時 : 2009/04/08 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 そろそろ学校も新学期となると通勤の流れもまた少し変わるわけで、ゴールデンウィークくらいまでは新顔さんのどことなく手探りのような期間が続いた後、またいつもの、というか今年なりのスタイルに固まっていくわけです。こちらは毎年のことなので慣れているといいたいところですが、今週は飲み会が頻発していて、春の小川のようにサラサラ通勤とはいかないドロドロの姿をうららかな春の日差しにさらし続けていたりします。

 ということで本日も血液くらいはサラサラ、新タマネギ。漬け込んで照焼にします。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:意外と常識的にひとりぶん)
 新たまねぎ…1個(約240g)
 しょうゆ…大さじ1.5〜2
 みりん…醤油と同じ量

 タマネギは真ん中のゴージャスなところを1cm幅くらいの輪切りに切り出します。ばらけないように爪楊枝を打ち、それをタッパーなりファスナーつきの保存袋などに入れ、醤油とみりんを同量で加えたら、冷蔵庫で一昼夜ほっときます。つまりこれは、前夜にやっておいた作業です。当日は入れ物から出し、漬け汁を少しだけ取り分けてスタンバイ。
 といっても焼き網でこんがり照りよく、たまに漬け汁を塗りつつ焼き上げて完了。

画像


 新モノだからできる超シンプルメニューです。フライパンなどで外側から照り絡めるのもおいしいですが、漬け込むことで調味料がしみこんだ味はそれもまた格別。一個のタマネギからこんなに大きい部分だけを切り出せるのかという命題に対しては、その前に作ったかき揚げの時に最初から二個を使い、大きい部分をこっちに残して残りをかき揚げにした、という解が存在します。みりんが焦げやすいので中火以下の火力でじっくり。それ以外は工夫もコツも何もなく、ただ新タマネギのありがたみを享受するだけです。

 本日のお相手は鯖のみりん干しです。先週も登場しただろうとか、タマネギと味つけが重複するだろうというツッコミは甘んじて受けます。だって販売単位が二枚一組だったから。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 せっかくタマネギを食べても、明日はまた飲み会だったりします。

 もともと、大してさわやかな人じゃないだろ。

 おお、久々だなアナザー自分。返す言葉はないよ。その通りだ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

タマネギの漬け焼き ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる