ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ひじきの煮物に見えるナムル

<<   作成日時 : 2009/04/02 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 世間では新年度を迎えていますが、それで何が変わるわけじゃなし、というか学生でもない限り人生それだけでは何も変えられないわけで、変わらなきゃと思って、そのための努力を実行できる人だけが変わっていけるわけです。言い換えればヘタレの代表のような私の場合、新年度が来たといってもやっぱり夜中にひとりで料理を作る、かわり映えのない日々を続けるわけです。

 ということで本日は、ひじきの煮物を作る材料でナムルを作ります。そんなところを変えても変わるのは気分だけ。

画像


 レシピブログに参加することにしました。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜なら三人前くらいのひとりぶん)
 長ひじき(乾物)…乾燥状態で18g
 にんじん…30gくらい
 いんげん…4本(約 g)
 油揚げ…1枚

[合わせ調味料]
 おろしにんにく…小さじ0.25
 ごま油…大さじ1.5
 しょうゆ…小さじ2
 さとう…小さじ2
 酢…小さじ2.5
 一味唐辛子…小さじ0.3くらい

 ひじきは戻しておきます。にんじんは長さ5cm×幅3〜5mmの薄い短冊に、いんげんは端を落として2〜3cmくらいの長さの斜め切りにします。ヤンニョム(合わせ調味料)は全部混ぜてスタンバイ。
 まず油揚げ、焼き網かオーブントースターでカリッと焼き、タテ半分に切ってから1cm幅の短冊に切ります。鍋に湯を沸かしてニンジンとインゲンをゆでます。もうちょっとかなという硬さのタイミングで取り出し、今度はそのお湯で長ひじきをサッとゆがき、ザルにあげます。水気をよく切ったら油揚げと一緒に調味料と合わせて完了。それっぽく盛りつけます。

画像


 外見が別の料理に見えなくもないということ以外は、ナムルにできると分かっているものを組み合わせているだけの、ごく普通の料理です。それでも本日は見た目をきちんと裏切れるよう、酢と一味の存在をハッキリ感じる味つけです。にんにくを入れず酢の量も控えれば比較的煮物のイメージに近い仕上りになると思いますが、はっきり変えた方が絶対に面白いです。

 本日はこれと、鯖のみりん干しです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。



 日付が変わる前の4月1日、エイプリルフールにふさわしい献立です。

 無論、自分で自分はだませません。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ひじきの煮物に見えるナムル・改
 何かを一年も続けていれば、続けたなりの何かが身についたりするわけです。運動を続けた人なら体力や筋肉、勉強を続けた人なら学力や知識。実は夜中料理野郎もレシピブログに登録して一周年を迎えたわけですが、身についたのは余計な部分まで量ってしまうというほめられない習慣だけだったりします。人としての本質面ではかえって悪化しているんじゃないかと遠い目をしながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/04/02 01:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ひじきの煮物に見えるナムル ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる