ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 第四弾・麻婆卯の花

<<   作成日時 : 2009/02/10 00:37   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 シリーズものというのは、どのくらい続けばそう呼ばれるのだろうと思うわけです。テレビドラマとかに基準を求めようとすると、一部の時代劇とか、なんとか戦隊なんとかレンジャーなどはとんでもなく長続きしているので参考にすらなりません。とりあえずメジャーリーグのワールドシリーズが最多で7試合、最少で4試合ということなので、まあ4つ続けばシリーズでいいのかなと。それでいいのか。

 ということで本日はおからシリーズ第四弾、中華風のリベンジマーボー卯の花です。豆腐で作る料理をおからで作るという逆転の発想、と書くと何となく賢そう。そんなわけない。

画像


(分量:ひとりぶん)
 おから…120g
 鶏むね肉(あれば挽肉)…40g
 ねぎ…20g
 干ししいたけ…中2枚(乾燥状態で約10g)
 しょうが…みじん切りで小さじ1くらい
 にんにく…みじん切りで小さじ0.5くらい
 炒めるサラダ油小さじ2。豆板醤小さじ1、甜麺醤小さじ1.5。煮汁はしいたけのもどし汁100ml、鶏がらスープの素+お湯50ml、しょうゆ小さじ2。

 おからはカラ炒りしておきます。鶏肉は細かく切って叩きます(ひき肉なら不要です)。ネギは小口切り、干ししいたけは薄くスライス。にんにくと生姜はみじん切り。煮汁は全部混ぜ、調味料も手元にスタンバイ。
 フライパンは弱めの中火でサラダ油、まずネギを炒めます。しっかり香りを出してから生姜とにんにくを投入、軽く炒めたらフライパンの端に寄せ、空いたスペースで鶏肉を炒めます。しっかり色が変わったらまた端に寄せ、空いたスペースに豆板醤、しっかり炒めたら甜麺醤を入れて軽く炒め合わせ、おからを入れてざっくり混ぜたら煮汁を投入。後は混ぜながら好みのかたさになったら完了。

 本物のマーボーより薬味系を控えめにすること、鶏がらスープよりも干ししいたけのもどし汁を多めにすることで、ピリ辛でありつつおからの優しさを失わずにまとめています。激辛好きは最後にラー油とか、食べるときに一味とかで調整可能。マーボーおから、侮れないおいしさです。

画像


 なお本日のメインは鶏せせりのオイスターソース炒めです。

 しまった、そういえば昨日も鶏だった。チキン連続。
 明日トサカが生えてるかも。いやありえない。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

第四弾・麻婆卯の花 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる