ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ししゃも、ごぼうとれんこんといんげんのサラダ

<<   作成日時 : 2009/01/06 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 記憶違いというのは誰にでもあるわけで、友人の親がお笑いのダウンタウンのことをマッチャンハマチャンと憶えているとか、玉山鉄二と玉木宏をあべこべに憶えているとかいう話はたまに耳にします。それは笑い話です。しかし憶えたときの情報そのものが現在の事実と違っている場合などは、そのやるせない気持ちをどこにどう持っていけばいいのか分からないわけです。インドネシアと記憶していたものがいつの間にか東ティモールになっている事実とか、ししゃもであると教わった魚がいつの間にかカペリン(Capelin)と表記されている事実とか。

 ということで本日はししゃもを焼きます。正真正銘の柳葉魚、カラフトシシャモとかノルウェーシシャモではありません。型としてはちょっと寂しいですが、スーパーで手に入るならこんなものでしょう。お相手はごぼうとれんこんといんげんでよくあるサラダ。

 ごぼう…130g(φ3.3×15cm)
 れんこん…80g(φ4.0×5cm)
 いんげん…4本(約20g)
 マヨネーズ大さじ3強、はちみつ小さじ2、レモン果汁小さじ0.7。

 ごぼうはマッチ棒くらいの拍子木、れんこんは1mmくらいの薄い半月切りにして、まとめて酢水に数分さらしたら、好きな歯ごたえになるまでゆでます。いんげんはそのままゆで、斜め切りにします。水気をしっかり切り、調味料と和えたら完了。シシャモは主役ですが、ただ焼くだけなので省略。

画像


 はちみつとレモンにしていますが、さとうと酢でもいいんです。ただ砂糖を溶かすのが大変なのと、はちみつなら酢よりもレモンかなと。マヨネーズに甘みをつける手法があるのは前から知っていましたが、効果を思い知ったのは実をいうと佐世保バーガーだったりします。

 年明け一発目だから遊んでみようなどと考えたせいで、筑前煮のためにズラリとそろえてしまった根菜類と今日から向き合う羽目に陥っています。

 おとなしく根菜ミックスとかで作っていればいいものを。
 それが残ったらかえって面倒なんだってば。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ししゃも、ごぼうとれんこんといんげんのサラダ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる