ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏とがんもどきのピリ辛含め煮

<<   作成日時 : 2009/01/23 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 もどき、っていえば私の料理なんて本格モドキ・本物モドキだらけなわけです。それっぽいことをやっているようでいて旬を外した安い魚を使ったり、特売でカニカマより安くなったカニ缶を使ったり、先日の里芋とコンビーフなんかど真ん中ストライクでジャーマンポテトもどき。いやストライクじゃないからモドキなんじゃないのと自分でも思いますが。

 ということで本日は、とても親しみの持てるがんもどき。飛龍頭(ひりょうず・ひろうす)なんて呼び方もありますが、そんなのは本格派の世界。こちらはモドキ路線まっしぐら、ピリ辛の含め煮です。

画像


(分量:常識なら二人前だと思うひとりぶん)
 がんもどき(ひと口サイズ)…8個
 鶏もも肉…70g
 こんにゃく…100g
 春菊…50g
 がんもどきの下ごしらえに熱湯。ごま油小さじ2、豆板醤小さじ1。煮汁は和風だしの素+お湯200ml、うすくちしょうゆ大さじ1、みりん小さじ2、酒小さじ2、さとう小さじ1+少々。

 がんもどきはザルに入れ、熱湯を回しかけて油抜きします。鶏肉は4等分くらい、春菊は2等分、こんにゃくは薄く切って手綱にします。煮汁も全部混ぜて準備しておきます。
 鍋を強火にかけてゴマ油を熱し、中火まで落としてから鶏を炒めます。表面の色が変わったらこんにゃくも炒め、真ん中にスペースを作って豆板醤を炒めます。香りが出たらざっと炒め合わせて煮汁を投入、沸騰したらがんもどきを入れます。とろ火にして落としぶたをしてコトコト15分くらい煮て、火を消してしばらく冷まします。再開後はふたを取って中火で煮立てて春菊を入れ、さっと煮たら完了。

画像


 全体が写る写真の取り方を練習する必要がありますね。

 豆板醤がなければ普通の含め煮です。普通に甘辛で煮たくなる材料ですが、和風の煮物に七味振ったり、チゲに厚揚げや春菊を入れたりすることもあるわけで、後味がジワリ・ピリリと辛いこの含め煮は充分にアリです。がんもの油抜きは、ひっくり返しながら両面。投入時には軽く握り、空気を抜きながら入れて煮汁を吸わせます。冷めるときに味がしみるという煮物の性質を利用するのも含め煮のテクニックのひとつですが、特に本日はがんもどき、たとえ10分でも冷ますと違います。

 甘辛が定番の煮物、私が作るとピリ辛です。
 台詞までコウケンテツさんモドキです。ごめんなさい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の大好きながんもがかかれてあったので、今夜のヒントに…と思い読んでいると、お腹がグゥ〜
とてもじっくり読んでいられません
そうそう、今日は絶対にカブを煮るぞ!p(^^)q
関係ない質問(^O^)/
コウケンテツ氏って、リードのCM出てる少し坂口憲二似の人?それとも、ちょっと原口あきまさ似の人でしたっけ?
グミ
2009/01/23 18:19
グミさん、いつもコメントありがとうございます。

はい、コウケンテツさんはリードのCMに出ている料理研究家です。お母様が韓国出身なためか、特徴的でおいしいピリ辛レシピが数多くありますね。そのお母様、李映林さんも料理研究家ですし、お姉さまのコウ静子さんもフードコーディネーターですから、まあ私とは毛並みも腕前もレベルが違う方です。
Zuki
2009/01/24 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

鶏とがんもどきのピリ辛含め煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる