ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS すき焼き風の煮物

<<   作成日時 : 2008/12/05 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 スーパーに行くと、糸こんにゃくとしらたきが入り乱れて売られています。本来、最初からひも状に細長く作られたこんにゃくがしらたき、塊のこんにゃくを作ってからひも状に裁断したものが糸こんにゃくですから、言ってみればニューハーフかそうでないかくらいの違いがあるわけです。とはいえスーパーで売られているものが名前の通りの作り方をしているかどうかなんて、見分けられないし確かめようがないし正直どっちでもいいというのが本音だったりします。もちろんそれはコンニャクの話で、ニューハーフかそうでないかの違いにはそれなりにこだわった人でありたいと思っていますが。

 ということで本日はしらたきたっぷり、すき焼き風の煮物です。八宝菜で残った白菜と意図的に残したしいたけ、牛すじと大根の煮物のスープを使い切ります。

 牛肉…90gくらい
 しらたき…130g(一袋)
 白菜…250gくらい
 しいたけ…1枚(約20g)
 豆腐…150g(ミニパック1つ)
 絹さや…飾り
 牛すじ大根のスープ、水、さとう、醤油。

 牛肉は準備ゼロ、しらたきは熱湯で1〜2分下ゆでしてザルに上げて水を切ります。白菜と豆腐は煮汁の水深を考慮した大きさに切ります。しいたけも飾りみたいなものなので飾り包丁を入れ、絹さやはすじを取ります。
 牛すじ大根のスープを鍋にあけ、ちょっと足りないので水を足し、さとうと醤油でいかにも関東風すき焼きっぽい濃いめで甘辛の煮汁を作ります。本日は鍋のサイズと材料の分量的に約350ml。鍋の奥からしらたき、白菜、豆腐の順で並べて隙間にしいたけを入れて煮ます。その間に絹さやを塩ゆで。全部煮えたら野菜だけ盛りつけて、空いた鍋で牛肉にさっと火を通して完了。肉を盛りつけて煮汁をかけ、絹さやを飾ります。

画像


 すき焼きは、牛肉の味が出た割り下で他の材料を煮ることに意味があります。でも本日は牛すじを煮たスープのおかげで肉をけちれるので、そのぶんいい肉が買えます。だから牛肉は最後に軽く火を通すだけ。こんにゃくが含んでいるカルシウムは煮ると溶け出して肉を硬くしてしまう効果があるため、お店などではすき焼きにしらたき/糸こんにゃくを使わないところもあるようですが、個人的には牛肉に悪いと知りつつ、好きなのでしらたきを入れてしまうわけです。

 ごめんよ牛肉。だってしらたきも好きなんだもの。

 …対象が食材では色気も何もありませんが。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

すき焼き風の煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる