ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ケンタロウ風・コンビーフとセロリの煮物

<<   作成日時 : 2008/11/10 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 白状すれば、コンビーフとは縁遠い生活を送ってきた私です。まるっきり食べなかった・買わなかったわけではありませんが、親がコンビーフを使わない人でしたし、成長してからも納得のいくレパートリーが身につきませんでしたから、気がつけば滅多なことでは買わなくなっていたわけで。今のように缶詰に助けられる食生活になり、ネットでいくらでも、しかも狙い撃ちでレシピが見られるようになったことで、やっと守備範囲に入ってきた食材のひとつです。だから今でも、あの缶を開けるのは楽しかったりします。

 というわけでコンビーフ、本日はセロリと煮ます。これは料理研究家のケンタロウさんがラジオで紹介した料理らしいです(私は聴いていません。というより聴けないのですが)。番組のウェブサイトに載っていたレシピは分量面で不明な点があるのですが、作ってみたという先例を参考にしようとネットを探してもなかなか見つかりません。たぶんこんなもんだろう、で作ります。

 コンビーフ…1/2缶
 セロリ…1本
 水、オイスターソース、酒、みりん、煎りごま、ラー油。

 番組サイトに書いてあることは割愛します。見れば解るというよりも、本にもなっているらしいので。コンビーフ1/2缶は面倒なので塊のまま入れ、沸騰してから鍋の中でほぐします。火加減は最初強火、煮立ったら中火から弱火。セロリなので煮崩れる心配はないのですが、煮詰まりすぎるのを警戒します。例によって仕上げ前に火を止めて30分くらい冷まし、再加熱して仕上げます。

画像


 セロリとコンビーフの分量は、たぶんビンゴだと思います。煮汁は単体だとすごく甘いのですが、コンビーフの塩味でトータルでは甘辛です。今回は放置もビンゴ、セロリの皮をむいてあるので効果抜群です。私はラー油小さじ1.5、煎りごまは小さじ1。写真の時点ではまだびびっていて、セロリの葉も控えめ、ラー油とごまも少なめです。ひと口食べた瞬間に残ったセロリの葉も全部投入、ラー油もごまも追加してこの分量。煮たことでやわらいではいますがセロリの青い風味は残っていますから、ごまやラー油はけちらずに入れたほうが面白いです。そういう形に切ったせいか、食感はフキっぽい。

 白状すれば、写真の盛り付けが維持されたのはこの時だけで、食べるときには全部をよく混ぜて、ざくざくと食べてます。それ以上のこと、人生で白状しなければならないことはここには書けません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ケンタロウ風・コンビーフとセロリの煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる